2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« PsystarのPCにMac OS Xをインストール可能にするRebel EFI発表 | トップページ | PsystarのRebel EFI発表とASEM/EFiXの今後(その2) »

2009年10月27日 (火)

PsystarのRebel EFI発表とASEM/EFiXの今後(その1)

さて、PC、DOS/Vマシン上で、Mac OS Xを動作させるためには、EFIエミュレートだけでは足りないと言うことは既に以前の記事で紹介した通りで、EFiXやOSx86では、それらの対策として独自のパッチやkextなどを組み込みしていることを紹介しました。

Psystarは、Open Computerの挙動や、今回発表された、Rebel EFI、Darwin Universal Boot Loader(DUBL)を見る限り、OSx86 Projectの成果物を商用利用していると言うのは、どうやら信憑性が高い内容のようですが、一方でEFiXのほうも当初からOSx86等の成果物との関係性が疑われてきました。

ASEMは一貫して、EFiXとOSx86とはなんの関連性もなく、EFiXによって、DOS/Vマシン、PC等にMac OSをインストールできるようになる技術は、ASEMオリジナルのものであると、各IT情報サイト等のインタビューでも答えていますが、その技術的な内容については、一切、具体的に答えることはありませんでした。

確かに、グラフィックドライバやサウンド、ネットワークのドライバについては、EFiXから自動で組み込まれるようになっており、これらはASEM謹製のドライバではあるようなのですが、過去のOSx86 ProjectNVinjectの資産や成果物の技術が入っていないオリジナルだと言い切るには、若干、弱い気もします。・゚・(ノ∀`)・゚・。

また、EFiXは、EFiX自身のハードウェアとファームウェアと言うプロテクトに阻まれ、実際に解析の結果から関連性を指摘するのではなく、単に挙動や推測からの疑いでしたが、ここに来てEFiXの分解を行い、またEFiXから読み込まれているkextの情報などからEFiXとOSx86の成果物についての関連性を分析した、海外のEFiXユーザがいることを紹介しました。

このEFiXを分解して解析した海外のEFiXユーザによると、EFiXも、OSx86の成果物を商用利用しているに過ぎないと指摘しており、EFiXが提供しているkextの一例の挙げ、AppleIntelCPUPowermanagement.kextについて、以下のように述べていました。

EFiXが提供するAppleIntelCPUPowermanagement.kextの中身の詳細までは、確認していないようなのですが、AppleのオリジナルAppleIntelCPUPowermanagement.kextとは、先に述べた通りバージョンがEFiX提供のものの方が新しい他に、ファイルサイズが異っているとのこと。

さらに、EFiX提供の方のkextのファイルサイズの大きさが、OSx86で利用されるDSDTテーブルの不具合を解消するための、dissabler.kextとまったく同じサイズであるため、名前はAppleIntelCPUPowermanagement.kextでも、恐らく中身は、dissabler.kextなんだろうとしています。

EFiXを利用したMac OS X 10.5 Leopard上では、読み込まれているkextの情報を見る限りdisabler.kextが見あたりません。DSDTパッチがなされていない以上、これを解決する方法論は、なんらかのdissabler.kextに似たものを必要とするはずで、それが見あたらない以上、恐らく、OSx86で利用されるdissabler.kextを名前だけ変更していると結論して合っているのではないか、締めくくっていました。

この海外のEFiXユーザは、EFiXは技術仕様としてOSx86の模倣だけに止まらず、 disabler.kextまで流用して、あたかもEFiXと言うかASEM独自の機能として組み込んだように見せかけており「EFiXは詐欺だ」との結論付けがをしていました。

それが不味かったのか、ASEMは、このBlogの著者に対し訴訟を起こし、現時点でASEMからの要望に基づいて、この解析記事については、すべて削除したと書いてました。以前にEFiXの原価について書いた記事で、海外のIT情報サイトTom's HardwareにあったEFiXの分解結果の詳細も、実はこちらの解析を行ったサイトにあったものです。

正直なところ、どっちもどっちのような気がしてならないのですが、とにかくASEMは、自身の製品等に関するネガティブな情報には、酷く過敏な反応するようで、今回は訴訟という強行手段に訴えています。ソフトウェア側の「詐欺」に関してはともかく、EFiXのハードウェア側の解析では、解析通りの故障率で、EFiX V1.0が高額な粗悪品に近いものであることは間違いないと思うのですけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。






アップルコンピュータ
2007-10-26
おすすめ平均:
戻れない道。 だが、Appleよ! いつでも引き返す気持ちはあるよ
インテル
おすすめ平均:
大満足です
日本ギガバイト
おすすめ平均:
自作初心者でも安心
Seagate
おすすめ平均:
1.5Tで一万円強
powerd by Amazon360

« PsystarのPCにMac OS Xをインストール可能にするRebel EFI発表 | トップページ | PsystarのRebel EFI発表とASEM/EFiXの今後(その2) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

Rebel EFI発表により各界を震撼させている感じですね。このところ話題に乏しかったので、遠巻きから拝見し楽しませてもらっていますw

早速netkasにRebel EFI関連の記事が上がっていました。

(-_-;ウーン Rebel EFIもやはりパラサイトなのかな......。

Broekさま、おいでやす(´∀`)!

EFiX公式Forumも最近は、すっかり静かで話題があまりありませんよねー。Mac OS X 10.6 Snow Leopard対応のファームウェアも全然音沙汰無しですし・・・

そんな中でのRebel EFI、各所で話題になってますね、海外でも結構、取り上げられてます。まだ使ってはいませんが、このローダ自体とMac OSのリテールDVDだけで問題ないとなると・・・ゴクリ・・・と言った感じです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PsystarのRebel EFI発表とASEM/EFiXの今後(その1):

« PsystarのPCにMac OS Xをインストール可能にするRebel EFI発表 | トップページ | PsystarのRebel EFI発表とASEM/EFiXの今後(その2) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン