2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« アップデート(BlogPet) | トップページ | EFiXファームウェアアップデート7.12.18提供開始(EFiX V1.1向け) »

2009年11月17日 (火)

行政刷新会議ワーキングチーム「事業仕分け」を傍聴してみた(その1)

最近、ニュースを賑わしている、行政刷新会議ワーキングチーム「事業仕分け」を傍聴してきました。

Jigyosiwake01s事業仕分けは、各省庁からやり玉に挙がっている事業に掛かる予算についての正当性を主張する説明があり、それに対し有識者からの質疑応答、その質疑応答の後、有識者の投票により「現状維持」「見直し」「○割予算削減」「廃止」と言った裁定がその場でどんどんなされていきます(予算の枠で考えると決定ではないけど大きく影響する可能性が高い)。

個人的な感想としては「お粗末」の一言・・・それは、官側に対しても、民側つまり有識者側に対してもです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

公平な第三者からの視点で見て、普段それら事業に関連する、または従事する人間が無意識に見落としているもの、違った視点で見えるもの、違った方法論の知識をもってそれら事業を実現可能にするアイデア、そういった観点から、ある意味、様々な分野の人からパブリックコメントを集める場として活用できる点等は良いことだと思っています。

ただ、有識者がそれら事業内容をほとんどその場で点検し、事業内容そのものに対して掛かる費用に関する精査ではなく、記載されている内容の矛盾点や図のおかしさ等の問題指摘に終始するといった場面、また、内容をよく理解できないまま、とんちんかんな質問をしている場面も多く見られ、この有様で結論が出て良いものかどうか、そこはかとなく心配になりました。

Jigyosiwake03sもちろん、各省庁が提出する資料のまずさがあるものも当然あり、それについて、ずさんであると言ったコメントを挙げるのは大いにすべきであるとは思いますが、資料の内容の不味さから有識者が少しズレたコメントを投げ、それに対し官僚側との意識や認識の齟齬により、きちんと論議ができない状態だったり、質問と回答が全く噛み合わない場面も多く見られました。

基本的に官僚がうまく回答ができないと結果的にその事業内容とそれに掛かる費用が妥当なものであっても、もう場の雰囲気が削減か廃止の方向に流れやすく、逆に、官僚側からのプレゼンがうまく言った、きちんとある程度論理だって回答ができたものについては、ごく僅かな削減のみで済んでいるように見えました。

と言うのも、有識者が「~な感じがする」「~だと思う」と言うような体感論や感情論的な部分で論議の場を制してそのまま採決に流れてしまう場合もあり、それらを見ているとホントに大丈夫か?と言いたくなることもありました。

ぱっと見た事業内容とそれに掛かる経費を一般的にと言うか国民感情的に見ると、恐らく有識者の方々の意見はもっともな部分もあるでしょうが、では、実際に削減したときに発生するリスクを本当に考えているのか疑問になる部分が多々ありました。

確かに無駄を省くための事業仕分けに上がってくるよう事業だから、当然、問題を抱えている可能性が多分にありますが、ホントは必要なモノについても、勘違いが先行したまま廃止に追い込まれてしまっている可能性もあるんじゃないか?と言う不安を感じる部分がありました。

「なるほど、仰る通り」というものも確かにありますが「オイオイ、そりゃちげーよ」と言った感じの有識者の発言を何度も聞いているうちに、どうも事業内容の精査云々の以前に、行政サービスの根幹を成す制度そのものや根本的な部分が理解できていない、または知らない「有識者」の方々が結構いらっしゃるんですね・・・(;´Д`)

「○○事業については、よく存じ上げないのですが云々」「○○の制度については、あまりよく知りませんが云々」「コンピュータシステムの知識はありませんが云々」と言った前置きから始まり、ただ表面的に見える問題や感想を述べて、それを元に採決されていく事業仕分け・・・勿論それが"第三者による意見"ではあるでしょーがホントに大丈夫かよwwwwwwww

そもそも、それほど多くない資料から、その事業に関わる業務知識や付帯知識と言ったものがないと、間違いなく理解に苦しむような資料や、その資料に記載されている予算の概要とその計上された予算の内訳の内容も多いと思われ、それを事前にどの程度、資料から精査できた、または、事前知識を仕入れているかは不明ですが、その場で判断するというのは、かなり乱暴なんじゃないかなー思いした。

ちょい長くなりそうなんで続く~

« アップデート(BlogPet) | トップページ | EFiXファームウェアアップデート7.12.18提供開始(EFiX V1.1向け) »

徒然なコト」カテゴリの記事

コメント

さっき得ダネで「こういう議論があること自体が意義」とか「入り口は強引ぐらいでないといけない」とかコメンテーターの人が言ってたけど、この結果を柔軟に取り込める政府だったらここまで起きてるような失態は起きないと思いますけどね、、、

通りすがりさま、おいでやす(´∀`)!

「こういう議論があること自体が意義」とか「入り口は強引ぐらいでないといけない」と言うコメントには大賛成ですが、事業仕分け前半戦が終わり、各マスメディアでも指摘しているように、あまりに稚拙な指摘や拙速な判断で、国家の予算について必要有無を僅か数十分の論議で決めてしまうのは問題で、明確な事業計画とその費用対効果についての判断基準がないまま「~な感じがする」「~だと思う」と言う判断でその場の採決では、危険でしょうということを言いたかったのでした。

見る限りあまりに酷い内容の廃止されて当然と言った事業や今まで中々表に引きずり出せなかった、天下り先でかつ実質的に活動のない行政法人等に対する厳しい裁定が下ったこと等は多いに評価すべきだと思いますヨ(´∀`)

非常にほっとしました・・・。っていいますのはれん○○議員の「2番じゃだめなんですか?」発言が引き金となり決定されてしまったスパコン開発予算凍結でしたが、先程管戦略相が判定を見直す、と相成りました事でございます。仕分け人は『有識者』、な訳でありますから個人の感情であっては絶対いけないんですよね。そういう方ははずしていただきたい。多くの国民が見れるだけでなく、意見も届く状況を創っていただきたいと思います。

通りすがりさま2、おいでやす(´∀`)!

確かに、事業仕分けは「決定ではない」とありますが、末端レベル、現場では既に事業仕分けの決定に基づいた予算見直しが始まってるようです。

プレゼン下手なら予算が削減または凍結されるのか?と言う問いに対しそうではないと枝野議員や蓮舫議員なんかは言っていますが、うまく説明できなかった官僚側にも問題がありますが、やはりプレゼン下手の事業は軒並み、なんらかの影響を受けている感じがします。

また、ある事業仕分けWGでは、廃止・見直し3票、削減6票だったにも関わらず、最後の取り纏め発表で、票の数に関係なく、廃止・見直しでとの決になったりと、有識者の票決に関係なく予めシナリオが既に存在するような事業仕分けもありました。

やはり事業仕分けをやることには賛成ですが、やり方に問題がありすぎると個人的には思いますねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« アップデート(BlogPet) | トップページ | EFiXファームウェアアップデート7.12.18提供開始(EFiX V1.1向け) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン