2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXファームウェアアップデート7.11.17(EFiX V1.1向け)の続報 | トップページ | EFiX V1.1、ファームウェア7.11.17でのMac OS X 10.6動作状況 »

2009年11月 8日 (日)

EFiX V1.1でMac OS X 10.6 Snow Leopardのインストール顛末

Efix_v11_fw71117_05sさて、既に前回の記事でEFiXファームウェアアップデート7.11.17(EFiX V1.1向け)の続報についてお伝えしましたが、うちの環境で、Mac OS X 10.6 Snow Leopardのインストールが完了するまでに随分と苦労をしまして、その顛末などを。。。(;´∀`)

EFiXファームウェア6.10.16でMac OS X 10.5.8を起動し、EFiX Control Center V4.9でEFiXファームウェアアップデート7.11.17にするところまでは順調でしたが、その後、いざMac OS X 10.6 Snow Leopardをインストールしようとしたところで手ひどく、どつぼにハマりました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Mac OS X 10.5.8の環境をそのまま残したかったので、Mac OS X 10.6 Snow Leopardのクリーンインストールではなく、Mac OS X 10.5.8への上書きインストールを試みたんですが・・・


【トラブルその1】
MacBook Airと同じように、当初、Mac OS X 10.5.8からMac OS X 10.6へのアップデートは、Mac OS X 10.6 Snow LeopardのリテールDVDを挿入し、Mac OS X 10.5.8上のデスクトップに起動してくるMac OS X 10.6 Snow Leopardのインストーラーから行うつもりだったんですが、それ以前に、EFiXファームウェアアップデート7.11.17にした直後の再起動で、Mac OS X 10.5.8がカーネルパニックで起動しなくなりました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

【トラブルその2】
あんれー?と思ったけど、今回Mac OS X 10.6 Snow Leopard対応のEFiXファームウェアアップデート7.11.17にした際にDSDTテーブルの再構築をしないと起動しなくなるよ、との触れ込みがあったので、CMOSをクリアを行いました・・・が、CMOSをクリアしたらPCの電源が入らなくなったヽ(;´Д`)ノ

オカシイ、オカシイと小一時間色々見てみたけど、やっぱり電源が入らない・・・と、ふとCMOSクリア用のジャンパーピンを見ると、なにやらジャンパーピンの様子がおかしい・・・( ; ゚Д゚)

Efix_v11_fw71117_08ジャンパーピンになんか屋根がついてる・・・独立しているハズの2本のピンに架け橋が出来ている・・・で、CMOSクリアのためにジャンパーショートさせるためのショートピンを見たら・・・ちょwwwwwwショートピンの中の部品が無くなってるんですけどwwwwww

どうやら、なんか変な引っかかり方をしたのか、プラスチック外殻と内部の金属のショートピンがさよーならをして、マザーボード上のCMOSクリア用ジャンパーピンに残ってしまったのが原因で電源が入りませんでした・・・○| ̄|_

【トラブルその3】
やっと電源が入り、CMOSのクリアの甲斐なく再びMac OS X 10.5.8の起動のところでカーネルパニックになりましたが、BIOSの設定変更、Onboard SATA/IDE Ctrl Modeの動作モードをAHCIからIDEに変更することで無事に起動・・・

DVDドライブにMac OS X 10.6 Snow LeopardのリテールDVDを挿入し、Mac OS X 10.6 Snow Leopardのインストーラーが起動、インストールを開始・・・しかし、インストール開始から5分くらいで突然の再起動・・・その後もBIOSの設定変更等、色々試したけど結果は全て同じ・・・どうやら、この方法ではMac OS X 10.5.8からMac OS X 10.6へのアップグレードインストールはできない模様で断念。。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。


ここで、いったん作業を停止し、しばらくEFiX公式Forumの情報を読み漁るも、解決に繋がりそうな情報が無く、基本的なHow Toは、新規のMac OS X 10.6 Snow Leopard用ディスク・パーティションを用意した環境でのインストールの情報ばかり・・・仕方ないので、自分で色々試してはカーネルパニックや突然の再起動等が続く・・・が、親切にもコメントで、解決策をアドバイスしてくださった方が登場(´∀`)!

EFiXファームウェア7.11.17にしたMac OS X 10.5.8を起動して、Mac OS X 10.6 Snow Leopardをインストールするのではなく、Mac OS X 10.6 Snow LeopardのリテールDVDからDVDブートして、既にMac OS X 10.5.8がインストールされているディスクにMac OS X 10.6をインストールすれば良いとのことで、その方法でインストールしたところ、あっさりインストールが完了しました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Efix_v11_fw71117_06sEfix_v11_fw71117_07sただ、インストールが完了した後、そのままMac OS X 10.6 Snow Leopardを起動しても環境が残っているのか・・・突如不安にかられ、移行アシスタントでアプリケーション等の環境をTime Machineから戻しました。・゚・(ノ∀`)・゚・。 (左:EFiX@Leopard、右:EFiX@Snow Leopard)

しかし、今回は久々に酷くハマりましたが・・・こうして、なんとか、ATOKやOffice 2008 for Mac等の環境をふくめた、新生EFiX@Snow Leopardが爆誕しました(´∀`)/






アップルコンピュータ
2007-10-26
おすすめ平均:
戻れない道。 だが、Appleよ! いつでも引き返す気持ちはあるよ
インテル
おすすめ平均:
大満足です
日本ギガバイト
おすすめ平均:
自作初心者でも安心
Seagate
おすすめ平均:
1.5Tで一万円強
powerd by Amazon360

« EFiXファームウェアアップデート7.11.17(EFiX V1.1向け)の続報 | トップページ | EFiX V1.1、ファームウェア7.11.17でのMac OS X 10.6動作状況 »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

アップデートってなに?

まいおい様

 一寸嬉しいお知らせが届きました。例の「蛤」状態の初代EFiXが無事手術を終え、帰ってきます。vuxersion1.01バージョンとしてです。帰って来て、O.Kであれば、例の偽物V1.1を本当のV1.1にして頂く手順に移行する予定です。これで、SLへの挑戦が遅ればせながら可能となる「光明」が見えてきました。でもBERELもバックに使う予定ですので、テストは続行します。

Jim,

ご無沙汰しております。
人柱お疲れ様でした(苦笑)。

この人柱報告のおかげで、私もCorei7マシンでSnowLeopardにすることができました。
ありがとうございました。

私の方では、ファームウェアアップデートは全く問題ありませんでしたが、ぴぐまいおいさんと同じくLeopardからのインストールはできませんでした。DVDからインストールしましたが、環境を全部残してのインストールはできました。ですので、わざわざタイムカプセルで戻す作業はしなくてもよいと思われます。

あと、既知の問題として挙がっている、シャットダウン・再起動時に電源が切れない問題は私の家でも発生しています。
それ以外は今のところ特に大きな問題は起きていません。
この辺の問題は次のファームで解決されることを願います。

なお、怖いので(笑)10.6.2へのアップデートはしていません。
ATOMでは問題出ているみたいですが、EFiXで問題が出ているかまだ情報収集していませんし。

kKさま、おいでやす(´∀`)!

無事にEFiX@Mac OS X 10.6 Snow Leopardになったようで良かったです(´∀`)

やはり、既存のMac OS X 10.5 LeopardのパーティションにMac OS X 10.6 Snow LeopardをDVDブートして、同一パーティションをインストール先に選んだ場合、やはり、アップグレードインストール扱いで、転送アシスタンスでの戻しは必要なかったんですね・・・初めての方法だったので思わず。・゚・(ノ∀`)・゚・。

どうやらデベロッパー版のMac OS X 10.6.2では、Atomをサポートするkextが抜かれてHackintoshのNetBook対策キタ!って騒がれてましたが、正式リリース版では、元に戻ったとか色々情報が錯綜しているみたいですね~。

Jimさま、再びおいでやす(´∀`)

目処がついてよかったですねー、しかし結構時間かかりましたね、SZ ExpressさんがASEMの酷いサポートに根気よくつきあってくれた結果と言うところでしょうかね。

それから、水を差すようで大変申し訳ないのですが、EFiX公式Forum上で、やはりJim様と同じEFiX V1.1になったと言われて戻って来たのを見たらEFiX V1.01だった人がいました。

それに対し問い合わせをForum上で行ったら、Whiteの人かLogicの人に、ASEMは、EFiX V1.0にはEFiX V1.0x系を、EFiX V1.1にはEFiX V1.1系の修理・代替品しか出すことはあり得ないと言っていて・・・(;´Д`)

SZ Expressさんの頑張り次第になりそうですが、もしかすると、戻ってくるのはやはりEFiX V1.01になるかもしれません・・・その辺、予め心構えを作っていた方が、精神衛生上良いかもしれません・・・○| ̄|_

まいおい様

 今回は初代を修理に出したので、勿論、V1.0はX1.01で帰って来ます(Expressさんの保証付き?)。現在定王しているV1.1偽物は、この2回目修理の経験を経た、初代が帰ってきた後、動作確認をして後、台湾にお戻り頂き「交換要求」をして正式なV1.1にして頂く予定です。


Jim,

Jimさま、再びおいです(´∀`)

そうですね、ひとまず言うだけ言ってみるのがいいかもしれません。ASEMのことだから、間違ってたの一言で済ましそうな感じもしますが、SZ Expressさんにも頑張って貰うしかないですねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiX V1.1でMac OS X 10.6 Snow Leopardのインストール顛末:

« EFiXファームウェアアップデート7.11.17(EFiX V1.1向け)の続報 | トップページ | EFiX V1.1、ファームウェア7.11.17でのMac OS X 10.6動作状況 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン