2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« 話題(BlogPet) | トップページ | EFiXファームウェアアップデート7.14.20提供開始(EFiX V1.1向け)※ただしX58チップセットマザーのみ »

2010年1月26日 (火)

EFiX V2.0が3月末頃リリースか?

最近、FFXIにログインしている日が多いのと仕事がそれなりに山場に入りつつあるため、Blogのほうを超サボっていました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そんなところで最近めっきり話題の無かったEFiXですが、どうやらEFiX V2.0が3月末頃~4月初旬あたりにかけて発表されそうです。Orange Systems Japanのほうから、20個限定でEFiX V1.1を19800円の特価で販売すると共に、2ヶ月後に新バージョンのEFiXが入荷するとのニュースがありました。

製品比較表では、EFiX V1.1とEFiX V2.0の違いが全く分からないため、EFiX V2.0にすることでどのような恩恵があるのかがイマイチ不明な状態であり、EFiX V1.1でMac OS X 10.6 Snow Leopard及びCore i7/X58チップセット(LGA1366)対応がなされているため、EFiX V2.0で何か目新しい売りが付くとすれば、Core i7/i5/i3とP55、H55チップセット(LGA1156)と言ったあたりの対応でしょうかね・・・・

Mac OS X 10.6 Snow Leopardが出てまだそれほど経過しておらず、次期MacOSの話もまだ、形になってはいない以上、それを見越したEFiXの製品開発はできないと思われることから、製品ナンバーは大きく上がりはするものの、実質的にはEFiX V1.1のマイナーアップグレードに近い形になるのではと個人的には予想しています。

この先新しいMacOSが出るまでは、EFiXの製品バリエーションがどの程度増えるのかは不明ですが、最早ASEMにとって新しい高い値付けで売ることのできる新製品は、ハードウェアの対応範囲による差別化しかないような気もします。

EFiX V1.0とEFiX V1.1に関する、対応OSや対応ハードウェアのゴタゴタを見る限り、あくまで予想ですが、EFiX V2.0がCore i7/i5/i3とP55、H55チップセット(LGA1156)対応した場合、EFiX V1.1は逆にそれらに対応せず、今のまま対応ハードウェアは増えないと思われ、Core i7/i5/i3とP55、H55チップセット(LGA1156)のハードウェア上でEFiXを動作させたいなら、新たにEFiX V2.0に買い換えろと言う戦略を取ると予想しています。

現状、確かに電源のオンオフ等で壊れなくなったEFiX V1.1(ホントはこれが当たり前なんだけどねw)は、ハードウェアとしての完成度はそれなりになっているけど、一方で、EFiX V1.1のソフトウェア側、ここではファームウェアに当たりますが、これは、完成度はかなり低く次期のEFiXが出ると言う段階になってなお、Mac OS X 10.5 LeopardやMac OS X 10.6 Snow Leopardのシャットダウン及び再起動、一部のスリープ周りの機能がマトモに動作せず・・・

シャットダウン及び再起動が機能せず、電源ブチ切りしかない状態になるキッカケとなったMac OS X 10.6 Snow Leopard対応のファームウェアアップデートが、昨年の11月頭・・・で、その後どーでもいーよーな不具合の改修を続け、昨年の12月のファームウェアアップデートでも電源周りの不具合はFixされず今に至っています。

EFiX V1.1+Mac OS X 10.6 Snow Leopardの電源周りの不具合に関しては、3ヶ月近くASEM側からは一切の情報や、不具合改修目処の情報無く、多くのEFiX V1.1ユーザの間では、既に諦めムードが漂っており、EFiXの公式Forumは非常に閑散としています。・゚・(ノ∀`)・゚・。

EFiX V1.0からEFiX V1.1へのユーザの誘導は、Mac OS X 10.6 Snow Leopardをエサにある程度成功していますが、特に目立った売りのないEFiX V2.0をこのまま発表したところで、どの程度のユーザが食いつくかは不明で、中には既にEFiX離れをして、Chameleon等に移行した人も少なくないのではと思います。

もしこれで、シャットダウンと再起動を正常にできるようになりたいのなら、EFiX V2.0を買え等と言うことにでもなれば、今度こそASEMは終わりかなーと思いますが、ASEMの実質トップと思われる、Whiteの人は技術者としてはそれなりなのでしょうが、マーケティングや経営手腕や製品戦略と言う目線で見ると、非常に稚拙な打ち出しばかりをしているので、そんな子供だましの売り方をするのではと、不安がよぎります。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とりあえず、EFiX V2.0の開発もいいですが、あれだけアコギな方法で売り出したEFiX V1.1の不具合を直してほしいものです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

【Orange Systems Japan特価情報】
EFiX V1.1が希望小売価格24800円のところ、20個限定で19800円となっています。実は、Orange Systems Japanでは、それ以前からEFiX V1.1を値下げし23800円や21800円で販売していました。今回の特価は、EFiX 2.0の入荷に向けたEFiX V1.1の在庫処分でしょーかね(´∀`)






インテル
おすすめ平均:
大満足です
アップルコンピュータ
2009-08-28
おすすめ平均:
Vistaと違う OS Update
アップルコンピュータ
2009-08-28
おすすめ平均:
インテル
2009-07-22
おすすめ平均:
早い!
WESTERNDIGITAL
おすすめ平均:
データ用には十分
posted by Amazon360

« 話題(BlogPet) | トップページ | EFiXファームウェアアップデート7.14.20提供開始(EFiX V1.1向け)※ただしX58チップセットマザーのみ »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

まいおい様

 結局、Snow Leopardが出た時と同じ様に、その間にAppxxがマイナーアップデートをしたらV1.1の時の様に無駄な時間が経過し、結果、購入した人がバカを見る構図が繰り返される・・・てな気がしますね。今在までの経過と辛酸を何度もなめさせられて来たユーザーさんは・・・。勿論そうでない事を願いますが。


Jim

まいおいさま。

現状、カメレXXで、X58+i7,P55+i5.i7が稼働でき、且つ、OSX10.6.2で、OSとしてサポートしていること、EFI-Xの相変わらずサポートの惨い現状をみると、EFI-Xに何の価値も見いだせません。
H55+i3.i5については、OSX10.6.3で正式対応するらしい(次期Mac Miniはi3?)ので、なおさら、EFI-X V2を購入する価値があるかといえば、わたしにはありません。
マザーボードにつけるだけで、OSXが動くのは魅力的ではありますが、結局、実態を知らない人がだまされるだけで、EFI-Xは高すぎるオモチャに過ぎないでしょう。

私はv1.1をヤフオクに流してしまいました。
i7にするにあたり、ASUS P6T Deluxeを選択しました。一応EFiXを繋いで試してみましたが、Boot出来ませんでした。HCLじゃないので当たり前なんですが、この辺の柔軟性が無いところが本格的にEFiXを卒業した理由かなぁ。。。
ASUSのボードだと電源をポチッと入れてからMacが起動するまでに30秒程なんですがEFiX+GIGABYTEですと、POSTでズラズラと流れるコマンドラインがちょとうざいんですよね。。起動がもっと速ければまだちょっと魅力があったりするんですが。。。

利便性をウリにするつもりなのか、技術面なのか、いまいちマーケットへのアピールが弱々しいですよね。
特記すべき何かがEFiXに備わったら、また使ってみようと思います。

まいおい様

 web面拝借します事、ご容赦ください。


Broke様

 とある所でのご挨拶とワンポイント・アドバイス、ありがとうございました。が、未熟な私ですので、正直ピント来ていません。宜しければ、詳細をご教示賜れば有り難いのですが・・・。Broke様とまいおい様がご了承頂けるのでしたら、私のE-mailをまいおい様からBroke様にお知らせ頂きたいのですが・・・。

まいおい様

 このような所に、超個人的なお願いを書いてしまいましたが、まいおい様のポリシーに版する様でしたら、お手数ではございますが削除くださいます様お願い申し上げます。


Jim,

Jimさま、おいでやす(´∀`)!

ひとまず、今見えるWeb上の情報のみでは、EFiX V1.1との違いがさっぱりですで、いずれにせよ発売されるまではどんなものが出てくるのかがわかりませんねー。

さて、メールアドレスのやり取りですが、ポリシー的に云々というのはあまり無いと言えばないのですが、昨今メールアドレスも重要な個人情報として扱われるため、責任を保って管理します!と気軽にお受けできないのが正直なところです。

JimさまのアドレスをBroekさまにお渡しするのに、Broekさまのアドレスも必要になるため、本来、関係のない当方にもBroekさまのアドレス情報が流れることになり、Broekさま心情面の問題や了承を頂かないといけないことから難しいと考えます。

そこで、ご提案ですが、今月中まで恐らく利用可能な非公式EFiX日本語ForumのほうでPM(プライベートメッセージ)にてアドレスの交換ないしは情報の交換を行ってはいかがでしょうか。PMであれば、お互いにしか情報が漏れないため、メールアドレスを介さずに情報交換も可能ですし、そこでメールアドレスの交換を行ってもいいかと思います。

ミスターさま、おいでやす(´∀`)!

EFiXを利用してASEMのサポートの惨状を見たユーザとしては、そんな感情を抱いてしまいますよねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

正直なところ、新しいハードウェアでないとイヤダー!と言う事情がない限り、Core2くらいのスペックでMac OS X 10.5 LeopardもMac OS X 10.6 Snow Leopardも充分動いてくれますので、今回に関しては買い換え需要が個人的にはあまりありません・・・Blogのネタとレポート用に1個だけは買う可能性はありますがw

正直なところ、次期のEFiX V2.0の値付けをASEMがどの程度で出してくるか見物ですが、万が一EFiX V1.1より高い値段で出してきた場合は、よっぽどの目玉がない限り購入する価値がないかもしれないと考えています。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Broek さま、おいでやす(´∀`)!

私も自宅にあるP5Qですが、当然HCLにはないのですが、EFiXさしても全然動きませんでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

どうも去年中頃のファームウェアアップデート後から、EFiX自体が、それまで以上に起動に時間がかかるようになった気がしますねー。現時点では、利便性も技術的にも売りにできない品質なんで、微妙なところですねw

やはり、多少HCLが狭くても狭いHCLの中で動作確認バッチリ!と言う状況なら多少まだ救いがあるのですが、中途半端にHCLも狭いのか広いのか。。。それでいて、品質もいただけないとなると、ちょっと選択肢として入らなくなってきてしまう可能性もあると思います。

一度EFiXから離れて、生暖かい目で状況を見つつ「コレは!」と言う機能や性能、品質の改善があれば使うと言うBroekさまの方針が、今は正解な気がしますネw

まいおい様

 そうですね、その手があったのを忘れておりました。あ、所で、つい先ほど日本から帰国しました。昨日は、都内の某ホテルからのメールでございました。強行軍で、月曜日移動、火曜日会議、本日、居住国に辿り着きました。流石に疲れます。

 所で、ミスター様の偶然的なブログ内容で、私の「非常事態」を救って頂いた昨今、暫定敵に「None-EFiX」でSnowが動いています。

 この状態でEFiXの存在意義を考えると、確かに「これだ!EFiXのメリットと優れた部分は!」なんて簡単明瞭に多くの方々が納得する理由が見あたらないですね、確かに。


Jim,

現在、拙宅では、

ASUS ITX-220 OSX 10.6.2 Server
Gigabyte GA-EX58-UD4P OSX 10.5.8
Gigabyte EG31MF-S2 OSX 10.6.2

の、3台が稼働しています。

暇を見つけて、i5 650で遊ぶつもりです。
ITX-220は、10.6.2へのアップデートで引っかかりましたが、なんとか動いています。他のマシンは、普通にアップデートでOKでした。

まいおいさまの言われるとおりEFI-Xの狭くて不安定な稼働から解き放たれ、EFI-X使っていたときより、楽しいです。

ど高い金、最低のサポートとはいえないASEMの売りっぱなし商売。
さすがに遣う気にはならないですね。もう少ししたら、残っていたEFI-Xも売却するつもりです。

売却しても、またここには遊びにきます。

ミスター様

 すごいラインナップですね。すべてEFiXなしがまた凄い!何度も書いていますが、悪い偶然で、2度目の手術を終えたEFiXは私にOSX10.5.8上でさえシステムにダメージを与え、結果、ミスター様のコメントに救われ、現在は「None EFiX」状態を暫定的に維持してます。

 所で、ここで質問すると、まいおい様の方にご迷惑がかかるかもしれませんが、ご推奨のグラフィックス・ボード、LANカードが数点ありましたらご教示下さい。「亀XXX」のほうにHCLがありそれの中で選べば良いのであればググってみます。勝手な質問で済みません。


Jim,

やっと時間が出来たため、i5 750の環境を構築しました。

Gigabyte GA-P55M-UD2+i5 750 OSX10.6.2

P55系のマザーボードのツールは結構充実しているので、

わりとすんなり構築できました。

しかも値段は"タダ"、かたやボッタクリEFI-Xは未だ対応できず。

EFI-X V2で対応してきたら、フリーのツールを組み込んで高値で販売してるという疑惑がますます深まることになりそうな気が・・・

ミスター様

 凄いですね。あっさり構築とは!私は、意気込んで挑戦してkextでも苦労した割には、AppxxのApertXXXにはグラフィックスボードが違うと拒否されるは、動きがおかしくなるわで、散々です(Max仕様にあわせて、同系列のグラフィックボードを新に購入しましたが「討ち死」です・・・)

 本当は、ミスター様から構築方法を伝授して頂きたい所でございます。一応、台湾へクレームしていたV1.1の偽物は、ちょっとお金を払って(13,000円程度)で本当のV1.1をくれると言う事なので、妥協してしまいました)、ま、こけた時のバックアップとしてキープしておこうと思っています。


Jim,

ミスターさま、おいでやす(´∀`)!

さすがにOSx86のほうは色々対応が迅速ですねー。ひとまずEFiXのほうでも、新しいCPUやチップセット等プラットフォーム対応は遅れているモノの、スリープ、シャットダウン、リブート等がマトモに動作するようになり"やっとマトモに動作するようになった"と言ったところです。

公式Forumは閑古鳥が泣いており、ASEMは、EFiX V1.0とEFiX V1.1のぼったくりでガッツリ設けて、後はフェードアウトかな?とも思えるような静けさですwww

手元にあるEfi-X V1.1はまだ処分していませんが、外して放置状態ですので、最新ファームにはしていません。処分するときにはUpdateしてオークションにでも流すつもりです。

Gigabyte GA-P55M-UD2+i5 750 OSX10.6.2 の環境で、AppxxのApertXX 3も普通に使えていますし、AdoXX CS4での使用も快適です。

Forumもそんな状況ならば、早くASEMを見切って大正解だったと思います。

ミスターさま、再びおいでやす(´∀`)

ここまで何もなく静かな状態、噂通りEFiX V2.0が登場しても目新しい機能がなさそうで、個人的にはCore i7/i5/i3のマシンは持ってないため、一切恩恵がなさそうですwwww

なんか、HCLも最近更新されたみたいですが、Gigabyteのマザーについては、Anyとなっておりホントかよ?と思いたくなるような感じで・・・どうなるんでしょうねー。

国内のコミュニティもすっかり静かになり、既にEFiX発売初期から活発に情報発信をしていた方のほとんどがEFiX関連から遠ざかっています。ASEMだけでなく国内コミュニティもそんな感じですので、ホントにダメかもしれませんねぇ。。。

まいおい様

 成る程、国内のユーザー様方も、そんな状況ですか。一過性で終わって行く様な雰囲気ですね。Macの雑誌(2月号)に様々な「PCでMac実験・・・」みたいな内容の記事内容でも「結局そうなんだ」と言う感じになっているいるのとASEMのV1.0でのSLサポートしない等の「ゴタゴタがありました」的な記事内容でも、挑戦意欲を挫いているのかもしれませんね(考え過ぎか?)。ま、V1.0ユーザーの足切りをしたものの、それの代償を持って余るアクションがないと本当に「しぼむ」可能性が大の様な気がします。

Jim,

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiX V2.0が3月末頃リリースか?:

« 話題(BlogPet) | トップページ | EFiXファームウェアアップデート7.14.20提供開始(EFiX V1.1向け)※ただしX58チップセットマザーのみ »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン