2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« ついにiPhone 3GSを(激しく衝動的に)買ってしまった(その3)(BlogPet) | トップページ | Prestonia XeonマシンでVMware ESXi 4が動かないのでDell PowerEdge 2950を買ってみた(その2) »

2010年1月11日 (月)

ついにiPhone 3GSを(激しく衝動的に)買ってしまった(その4)

さて、iPhone 3GSと言うタイトルとかなりかけ離れた話題が続きます。・゚・(ノ∀`)・゚・。

さてパケ・ホーダイダブルは、極論するとiモード、iモードフルブラウザ、それからPCモデムとして利用した場合に適用される料金体系なんだけど、1パケット当たりの料金が若干違うだけで、結局50万パケットを超えるかどうかで、請求額が変わってきます。

極論というのは、以前もパケット使用料について話題にしたときにも書いてますが、従量制と定額制を組み合わせた料金体系になっていて、iモード、iモード(フルブラウザ)、PCモデムとしての利用時にそれぞれ1パケット当たりの単価が違うものが組み合わされ、料金が計算される複雑な仕組みになっています。

ただ、結局、合算で使うだけ使うと、上限が13000円そこそこになると言う料金体系なので、そう言った言い方をココではしていますが、詳細な料金体系はドコモのウェブサイトで良く確認するのが良いでしょう(´∀`)

んでっ以前にDoCoMoのP905iのパケット使用量の話をしたときにもでましたが、1パケットとは128バイトになります。つまり10万パケットとは、約12MB程度のデータ量なんです。YouTubeで1ファイルを見るだけで、低く見積もっても5万パケット、HDのちょっと大きな動画なら、一発で10万パケット程度は利用してしまいます。

また、着うたフルでも万単位でパケットが飛んでいきますしiアプリでも大量の通信を行うモノがあります。その上で、PCのモデムとして利用した場合、50万パケット等余裕で超えること間違いなしと思われ、そうなった場合、月の請求額は、パケ・ホーダイダブルの上限額である13650円+基本使用料等々になります。

私の場合、ドコモの携帯の使用料の総額が月々8000円(うちパケット関係の金額が4000円程度)程度なので、パケ・ホーダイダブルを利用し、iモードを通常通り利用しつつ、PCモデムとして利用しながらの場合、おおよそ月々の利用額が18000円程度になってしまいます。

一方、機器を持ち歩かないといけない不便さはありますが、今まで通り、音声通話用にDoCoMoのP905i、データ通信用にイーモバイルの組み合わせの場合、イーモバイルを限界まで使っても上限が5000円程度なので、月々の利用額の合計は13000円程度となり、明らかにパケ・ホーダイダブルを利用したほうが高く付きます。

それで色々思い悩んでいるうちに、iPhone 3GSを買ってしまった訳ですが、ある程度、PCと同等のウェブサイトをiPhone 3GSで見れることもあり、PCでウェブを見るのは諦めて、iPhone 3GSで見ることにする!それでデータ通信代わりにするってことに落ち着きました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そんな訳で、イーモバイルもあまり出番が無くなったため月額1000円程度の利用料で収まっており、DoCoMoのP905iも同様に利用頻度が下がっているため、iPhone 3GS分で今後増えるであろう月額の通信系の料金を少しでも抑えることができるようになります・・・なるハズです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

のハズが、、、まだDoCoMoのP905iのプラン変更してないやwwwww

そんなわけで、"似たような環境"は別の機器や方法論を使っても実現できますが、私の場合は結局コレに落ち着きました・・・あとは、使わなくなったもの、使わなくなりそうなモノを吟味しつつ、利便性とコストを天秤にかけつつ通信関係の費用を見直していきます(´∀`)

« ついにiPhone 3GSを(激しく衝動的に)買ってしまった(その3)(BlogPet) | トップページ | Prestonia XeonマシンでVMware ESXi 4が動かないのでDell PowerEdge 2950を買ってみた(その2) »

iPhone/iPad/iPod touch」カテゴリの記事

コメント

まいおい様

 最近、iPhoneの話題、お静かですね。もう、iOS4.01にアップデートされましたか?私の方は「サッサ」とアップデートしてしまいました。アップデート後(正味、一時間掛かりました)、確かに電波信号表示は前より反応が敏感になった様に思います。

 iPhone4は、結局ジョブズさんが「信号が悪くなる」握り方を認めその検証を「他の携帯でもなるんだよ」的な解説で、しかもメーカー名を示して説明してましたね。結果、バンパーの無料配布・・・。あんな凄いテスト・ラボで試験をしたのだったら、発売前の開発時点で分かるのでは?と突っ込みたくなる所ですね。ま、OSの一部アップデートとOS4.1のレビューが始まっているので、最終的にはソフトで逃げられるのかも知れませんね。GIZMODEでは、他の不具合でクレームして、結果、新しいいPhoneを貰ったら症状が出なくなった・・・なんて話も載ってましたが、その機種「ぱっと見」同じように見えるが「細部」が異なるとか異ならないとか・・まだまだ、話題は尽きない様ですね。

 私は、今の3GS+iOS4.01で満足出来ているので、新機種に飛びつきたい気持ちは鋳物所ありません。


Jim,

Jimさま、おいでやす(´∀`)!

今回のiOS 4.01と他社を引き合いに出したネガティブキャンペーンは、個人的にはまったく共感することができません。iOS 4.01もアンテナ画面表示の"見え方のみ"を変更する内容で、実質何も解決していない電波問題を、まるで解決しているような印象を与えような姑息な内容に感じてしまいます。

また、電波受信強度の計算方法の修正を含め、iOS4.1で解決すると言っていますが、バンパーを配布するあたりを考えても、ソフトウェア側で修正が出来るとは思えません・・・むしろ、電波受信強度は、きちんとあるべき強度を正しく表示してもらったほうが、利用者にとっては有り難いのではないかと思います。電波が殆ど入らないのに、電波が入るようにみえる、電波あるある詐欺みたいなことになってるだけで利用者にとっては何のありがたみもありませんしね。

自分もiPhone 3GSのままです。と言うよりiPhone 4発売当時、iPhone 3GSの利用期間がまだ半年を超えていないので機種変更ができないことと、iPhone 3GS購入に際して契約したコースの2年縛りの割引が消えるので、iPhone 4を購入した際に利用しなくなるであろうiPhone 3GSに対し多大な支払いが続くことになるので購入を諦めました。買い換えるとしたら、次のiPhoneですねー。

まいおい様

「鋳物所ありません。」今の所です。ミスタイプでした。


Jim.

まいおい 様

 てな事を書いている間に、iPhone4の信号対策発表の最中に、Googleがネクサス携帯を止めましたね。個人的には面白い機種で遊んでみたかったのですが、残念乍らもう入手できなくなるわけです。ま、勿論、アンドロイド携帯の機種はまだ沢山ありますので、それで遊べばいいのかも知れませんが、一度は遊んでみたい機種でした(特に、日本語化)


Jim,

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついにiPhone 3GSを(激しく衝動的に)買ってしまった(その4):

« ついにiPhone 3GSを(激しく衝動的に)買ってしまった(その3)(BlogPet) | トップページ | Prestonia XeonマシンでVMware ESXi 4が動かないのでDell PowerEdge 2950を買ってみた(その2) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン