2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« ついにiPhone 3GSを(激しく衝動的に)買ってしまった(その4) | トップページ | VMware ESXi 4.0のためにDell PowerEdge 2950を買ってみました(その2)(BlogPet) »

2010年1月13日 (水)

Prestonia XeonマシンでVMware ESXi 4が動かないのでDell PowerEdge 2950を買ってみた(その2)

さて、前回それなりのハードウェア環境が必要と言うところで結論を出しましたが、具体的にどんなハードウェア環境が必要かと考えてみたところ、具体化した条件が以下の感じ・・・

・VMware ESXi 3.5ないし4.0が動作すること
・物理CPUが2個以上あること
・物理CPUあたり2個以上のCoreがあること
・メモリが8GB以上載ること

ってな訳で、そんなマシンを探し始めてみたんですが、DellのPowerEdgeが結構安いんですねー。で、中古は?と見てみると、中古はかなり安い・・・しかも、そこそこのスペックのものが手に入れることができます。

さすがに、現行Xeonの5500番台については、まずもって、ほどんど中古品は出回っておらず、5100番台~5200番台くらいまでの在庫が多く見られます。さらに5300番台、5400番台と、年代が新しいXeonになるにつれて在庫が少なくなっていきます。

サーバ製品の保証期間は大抵3年から5年なので、ここ1~2年くらいで発表されたCPUが搭載されている製品は、まだ運用中のものがほとんどと思われ検証で利用して必要なくなった等の理由でもない限り、中古品は少ないのは当然でしょーね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

んで、Xeon 5100番台や5200番台のXeonマシンならそれこそ、ラックマウントでも5万円程度で楽に見つけることができます。ただXeon 5200番台までは、そのほとんどがDual Coreなので、Quad Coreが大多数のXeon 5300番台やXeon 5400番台を見てみると、Xeon 5400番台については、メーカによっては現行品CPUとしてサーバが販売されていることもあり、かなり高額になります。

ひとまず、検証用としてそんなに高額で高性能はCPUは必要ない、また、ふるーいPrestnia XeonでもVMware ESXiで導入した仮想環境のWindows 7等がそれなり動いてくれると言うことで、今回は、Xeon 5300番台をメインに探してみました。

もちろん可能であればXeon 5400番台や、もしかしたらXeon 5500番台で安い出物があれば・・・と探してみましたが、さすがに現行品と言うことで、中古がまずない・・・さらにあったとしても相当の値段に・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Poweredge2950_01s結局、いい感じの条件に当てはまったのがXeon X5355を2基搭載したDell PowerEdge 2950だったんですネー・・・メモリのみ、これまたオークションで爆安で入手したものを少し増設していますが、サーバは10万ちょいで手に入れることができました(´∀`)/

で、今回手に入れたDell PowerEdge 2950のスペックは、以下のように・・・

DELL PowerEdge 2950
CPU Xeon X5355 2.66GHz FSB 1333MHz 2x4MB L2キャッシュ x2
C/S Intel 5000Xチップセット
RAM ECC DDR2-SDRAM FB-DIMM 40GB(2GB x4、8GB x4)
VGA ATI ES1000 16MB SGRAM
RAID DELL PERC/5e SAS/SATA RAID Controler 256MB
HDD Seagate 146GB SAS 10K/15Krpm x3(空きベイ x1)
DVD Sony DDU810A薄型DVD-ROM
NIC オンボードBroadcom TOE GbE x2
PSU 標準750W電源 x1

さて、Xeonはちょっと型落ちであるものの、結構イイ感じのスペックのものが手に入りました・・・つまり、これをつかって色々遊んでみよーってコトです(´∀`)

« ついにiPhone 3GSを(激しく衝動的に)買ってしまった(その4) | トップページ | VMware ESXi 4.0のためにDell PowerEdge 2950を買ってみました(その2)(BlogPet) »

VMware/XenDesktop」カテゴリの記事

コメント

まいおいが結論するの?

自宅でラックマウントサーバ・・・いいなぁ・・・
でも、音大丈夫でしょうか?(^^;;

うちはPowerEdge2500(だったかしら?)で懲りました
(音と電気代で・・・・)

Kazuyaさま、おいでやす(´∀`)!

ラックマウントサーバですが、ぶっちゃけましょう、めっさ生活に支障をきたします(主に音的な面で)。

音が酷くてとてもなじゃないけど生活する環境においてはいけないと思いました・・・買って数日でタワー型にすればよかったと後悔していますwwww今は、扉を完全に閉め切れる部屋に閉じ込めていますが、それでもファン強烈な音は聞こえてきます。

今時、PCなんかは、1500回転で静音だとか言ってる時代に、8000~9000回転で常に回ってるファンが4連装になってますからねwwwww絶対オススメできませんw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ついにiPhone 3GSを(激しく衝動的に)買ってしまった(その4) | トップページ | VMware ESXi 4.0のためにDell PowerEdge 2950を買ってみました(その2)(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン