2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その2) | トップページ | QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その3)(BlogPet) »

2010年3月 6日 (土)

QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その3)

さて、前回は、ハードディスクとRMA談義で終わってしまいましたが、うちで利用する際のTS-859 Proの実機能について少し見てみます。

Ts859pro08s先述の通り、基本的なTS-859 Proの用途はデータ保管庫になるけど、VMware ESXi 4.0のデータストアとしてiSCSI接続での利用の他、ちょっと嬉しい誤算は、Time Machineの機能がデフォルトで搭載されているとのことで、主にこの3つになると考えています。

その他、音楽ファイル等はiTunesサーバ機能を利用して各リモートマシンで利用できるようにもなるほか、DLNAサーバにもなるので、同じく動画等を放り込んでおいて、各リモートマシンから再生すると言った用途も当然あるかと思います。

このほか、MySQLやphp、ウェブサーバの機能もデフォルトで持っていますが、こちらは、しばらく利用する機会がないかもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Ts859pro06sさてNASとしての機能の他、TS-859 Proを構成する重要な要素としてRAIDの機能があります。一般的に家電量販店等で販売されている廉価なNASと違い、ハードディスクを多数内蔵できるNASの売りはRAIDを構成できることにあります。

んで・・・ちょっと下調べしなさすぎて失敗したのがRAID10に対応していなかったのを見落としていたことでした。ハードディスク4玉~8玉程度内蔵可能なNASもしくは、NAS用として利用するマシンを作ろうと思った時に、想定していたRAIDの運用レベルはRAID10で、QNAPのTS-859 Proもそんくらいあるかなーと思ってました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Ts859pro07sRAID5やRAID6がイヤだという訳でもないけど、TS-859 Proは、ソフトウェアRAIDでAtomプラットフォームである、と言うことだけは知っていたので、書き込み時におけるCPU負担をかけず、かつリビルド等の際になるべく時間がかからないRAIDレベルを考えてRAID10を考えていました。

あとは・・・パフォーマンス的なものと好みというか、過去、自分のお仕事のシステム開発で採用してきたRAIDレベルでよくRAID10、ないしはRAID5のミラーリングを採用していたので、単にRAID10が身近だっただけなのですけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

TS-859 Proを本格運用する前に、色々実験したりしてみたいので、様々なRAIDレベルを試すこと、LinuxやUNIX等を自宅内ではあまり利用していないのでNFSは今のところあまり試すつもりはありませんが、普通のSMBないしはAFPファイル共有の他、iSCSIのパフォーマンスを知りたいので、適当にRAIDボリュームを切りつつ遊んでみる予定です。

いまぱっと考えている構成では、SMB/AFPファイル共有の領域に4台のハードディスクでRAID5ないしはRAID6の領域を1つ、それからiSCSI領域用に2台のハードディスクでRAID1のボリュームを1つ、それからTime Machine用の領域として、やはりハードディスク2台を使ってRAID1のボリュームをもう1つ構成することを考えいて、ホットスペア構成は試さないつもりです。

RAID0やJBODは信頼性等の観点から利用するつもりがありませんが、ベンチマーク的な観点では、TS-859 Proを本格運用する前に一度構成してみるかもしれませんが、どうも、話によるとハードディスクの容量が多く、また、内蔵ハードディスクの本数が多い場合、RAIDのイニシャライズが1日がかりになるとのことなので、もしかしたらやらないかもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あと、よくウェブ上や2chのハード板、また価格.comのクチコミなんかで見かけるNASのベンチマークってどんな状態で取ってるんでしょーかねー。NASにPCをクロス接続なのか、スイッチを介しているのか、他のネットワーク機器等が存在する環境で利用しているのか・・・e.t.c・・・

実運用を考えると、1000/100BASE-T混在、スイッチ等に複数機器が接続されてて、かつ適度にNASとPC以外の通信パケットが飛び交ってるような環境がベンチマークとしてはいいのかなー?






posted by Amazon360

« QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その2) | トップページ | QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その3)(BlogPet) »

QNAP TS-859 Pro」カテゴリの記事

コメント

まいおい様

 その2、その3と拝見致しましたが、流石にその3で写真表示されているHDD群は圧巻ですね。一応、私もHDD X 4台程度を現在思案中です。「嬉しい誤算」のタイム・カプセル機能対応は本当に「お得」だと感じます。私の住んでいる国でも、代理店から直接買えそうですので、現在、お見積取得モードに移行しようかなと思っています。

 あ、そうそう、MacBook 13インチアルミ・ボディーに既に手持ちの2GB X 2枚を差し込んだのですが認識せずに3GBと表示するので、国境を越え某特別行政地区のMacリテーラー・ショップで確認後、最終的に2GBをもう一枚買い足し、最終的に晴れて4GBのメモリーを搭載したマシンになりました。
気持ち速くなったなー、と言う感じです。

Jim,

Jimさま、おいでやす(´∀`)!

内蔵可能ハードディスクは8台ですが、保守部品と言うことで2台予備を含め、ハードディスクは10台購入しておきました。なんだかんだでディスクを含めてTS-859 Proは、結構イイお値段になりました・・・まぁ、仕事のストレス発散の色濃い買い物なりましたが・・・

メモリ不良とはまた、珍しいですねー、次にMacBook Proを買うときはメモリは8GBにしようと思っていますが、4GBのメモリはまだまだ高いですね・・・

まいおい様

 そうなんですよね。私も8GBメモリーに挑戦・・・等と考えたのですが(MacBook 15インチ)、金額を見たら、その気持ちも萎えてしまいます。下手をすればNetBookの上位機種を買って「おつり」が来そうな、もしくは少し上位の機種が購入出来る価格ですものね。4GB + 2GB = 6GBが無難かな?とも考えたりします(笑)。

Jim

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その3):

« QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その2) | トップページ | QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その3)(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン