2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« おい(BlogPet) | トップページ | QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その2) »

2010年3月 4日 (木)

QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その1)

Ts859pro01sそうだ・・・NASを買おう・・・と言うことで、何かと言う訳かはそこはかとなく謎ですが、最近、ITmediaの+D PC USER等でも取り上げられている高機能NAS、QNAPのTS-859 Pro Turbo NASを買ってみました(´∀`)/

ここのところずーっとBlogをサボっていた原因であるプチデスマも一段落してやっと落ち着いたところで、プチデスマの間、久々に3週間以上休みなしの連続勤務(もちろん全部完徹 or 終電 or タクシー)の鬱憤と、自宅で利用しているBuffaloの500GBのNASの容量がカツカツになってきたこと等があり、いっちょ長く使えるNASを探してみようと言うことでQNAPのTS-859 Pro Turbo NAS買っちゃってみました。

ハードディスクが4玉~5玉ほど入るQNAP TS-509 ProTS-439 Pro IIあたりでもよかったんですが、正直、半分くらい鬱憤晴らしの要素が強く、プチデスマが収まった翌日に勢いだけでTS-859 Pro Turbo NASを購入していました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

また、最近のある程度のスペックのNASはiSCSIにも対応したものが多く、これは良い機会だと思い、PowerEdge 2950で稼働させているVMware ESXi 4のデータストア領域が、DASの146GBのSAS、3玉によるRAID5の領域だけでは不安なこともあり、VMware ESXi 4のSANデータストア領域としても利用することも視野に入れて選びました。

Ts859pro02sQNAPのNAS製品のほとんどが、MarvellないしはIntelのAtom、CeleronもしくはCore 2 DuoのCPUとメモリ、フラッシュメモリを搭載したソフトウェアRAIDのNASになり、NAS管理ソフトウェアはLinuxをベースにして、NAS用にチューニングが施されたQNAPオリジナルのものとなっているようです。

QNAP TS-859 Pro Turbo NASの主なハードウェアスペックは以下の通り。

項目仕様
CPUIntel Atom D510 1.66GHz (Dual-Core)
メモリ1GB DDR2 RAM (SO-DIMM)
フラッシュメモリ512MB DOM
対応HDD2.5または3.5インチSATA x8
I/Oポート2 x eSATAポート、5 x USB 2.0ポート
ネットワーク2 x 1000/100/10BASE-T RJ-45
形状185.2 (H) x 298.2 (W) x 235.4 (D) mm、約8.6kg
電源350W 80PLUS電源
VGAVGA D-sub 15ピン
ファン2 x 12cm静音ファン
その他LCDパネル、キーロック有、ワンタッチバックアップ

QNAP TS-859 Pro Turbo NASの主なソフトウェアスペックは以下の通り。
項目仕様
接続対応OSWindows 2000/XP/Vista/7/Server 2003/Server 2008、Mac OS X、Linux、UNIX
ファイルシステム内蔵ディスク:Ext3/Ext4、外付ディスク:Ext3/Ext4、NTFS/FAT32
対応RAIDRAID 0/1/5/6/JBOD(RAID5/6はホットスペア対応)、Single Disk
ネットワークIPv4/IPv6対応、ポートトランキング、ネットワークアダプタフェイルオーバー、リンクアグリケーション対応
対応サービスCIFS/SMB、AFPv3.1、FTP、HTTP、HTTPS、Telnet、SSH、iSCSI、SNMP、UPnP(DLNA 1.5対応、PSP、PS3、Xbox360等)、Bonjour、NFS、WebDAV、プリンタサーバ
アプリケーションウェブファイルマネージャ、マルチメディアステーション((Video:ASF/FLV/F1V/F4V/MP4)、(Audio:MP3/WAV)、(Picture:BMP/GIF/JPG/PNG))、BitTorrentダウンロード、監視カメラ、iTunesサービス、MySQLサーバ、QPKGプラグイン(phpMyAdmin、AjaXplorer、WordPress、SSOTS(Squeezebox Server)、Tomcat、Asterisk、XDove(Mail Server)、Python)、JRE、他
バックアップ機能eSATA、USB(ワンタッチコピー/バックアップ)、リモートレプリケーション、Apple Time Machine


とりあえず、まっさらな状態からコイツで色々遊んでみます(´∀`)/






posted by Amazon360

« おい(BlogPet) | トップページ | QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その2) »

QNAP TS-859 Pro」カテゴリの記事

コメント

まいおい様

 これ、実は私も狙ってますが・・・手が届く所まで行ってません。以前は「玄箱」を使用していましたが、シングルHDDなのでHDDの故障が不安で、現在は、遊び用として置いて繋いではいますが、それ以上の事をしていません。本気で構築していけば、MacBookアルミとMacBook ProとEFいX@Mxxのデータバックアップと外出先からの操作が出来る・・・とは思っているのですが・・・。でも、いつか、きっと使い倒せる状態にしたいので、記事を楽しみにさせて頂きます。

Jim,

Jimさま、おいでやす(´∀`)!

QNAPのNASは、BuffaloやI/Oデータ等の周辺機器メーカのシングルドライブNASとかなり毛色が違う別物な感じですね。機能も沢山あるため、使いこなしには一苦労しそうです。ただ、個人的にはただのデータ保管庫にするには、高価すぎるオモチャなので、出来ればこのNASを活用しきりたいところですが、なかなか難しそうです。

ただ、iSCSIを利用できるので、VMware ESXiのデータストア領域として活躍する他、最初からTime Machineの領域として利用することが出来る機能を持っているので、こちらは結構活躍しそうです(´∀`)

アフィのHDDはQNAP非推奨だから別のに変えたほうが親切かも。。。

あとりさま、おいでやす(´∀`)!

確かに現時点では、QNAP非推奨になっていますね。ご指摘の通りあまりよろしくないアフィになっていました。・゚・(ノ∀`)・゚・。こちらのほう、修正させて頂きます。コメントありがとう御座います。

※購入当時は推奨・非推奨の情報がなく、価格面からの折り合いでこちらを購入して利用していると言うのが理由でした


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その1):

« おい(BlogPet) | トップページ | QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その2) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン