2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その15) | トップページ | MacBook Proの2009年6月旧モデル(Mid 2009)と2010年4月新モデル(Early 2010?)の比較 »

2010年4月14日 (水)

Core i5/i7+GeForce 320M/330Mを搭載したMacBook Pro 15"/17"及びCore 2 Duo搭載のMacBook Pro 13"登場!

ここ数日Mac関連情報サイトで噂になっていた2010年モデルの新型MacBook Proがついに登場しました。恐らくこのくらいの時期だろうと噂されていましたが、なかなか情報が出てこずヤキモキさせられましたが、ついにMacBook Proも噂通りのCore i5/i7搭載(13インチモデルを除く)となりました。


●MacBook Proの旧モデルからの主な変更点は以下の通り。
13インチモデル
13インチモデルもCore i5もしくはCore i3あたりが搭載されるかと思われましたが、引き続きCore 2 Duoの搭載となりました。ただし、従来機より採用されたCPUクロックが若干高くなったほか、1世代落ちになったことで標準モデルの価格が3万円程値下がりしています。
またグラフィックチップセットがGeForce 9400MからGeForce 320Mとなっています。15/17インチモデルと違い、特に高解像度オプションの液晶はなく、従来通りの1280×800となっています。Apple StoreのBTOモデルでは、500GBのHDDのほか、256GBや512GBのSSD等の選択が可能となっています。

15インチモデル
15インチは、Core 2 Duoのモデルからプラットフォームが一新されモバイル向けのCore i5/i7が搭載されました。Core i5/i7両モデルとも2コア4スレッド(Core i7モデルでもArrandaleのため4コアではなく2コア)となっているようです。
グラフィックチップセットがGeForce 9400MからGeForce GT 330Mとなっています。また、Apple StoreのBTOモデルでは、高解像度液晶を選択可能なオプションがあり、標準モデルの1440×900から1680×1050の変更が可能となっています。このほか、13インチモデルと同様、256GBや512GBのSSD等の選択が可能となっています。

17インチモデル
17インチも、Core 2 Duoのモデルからプラットフォームが一新されモバイル向けのCore i5/が搭載されました(ただし、店頭モデルはCore i5のみ?BTOオプションでCore i7を選択可能)。15インチモデルと同様にCore i5/i7両モデルとも2コア4スレッド(Core i7モデルでもArrandaleのため4コアではなく2コア)となっているようです。
グラフィックチップセットがGeForce 9400MからGeForce GT 330Mとなっています。液晶は、標準モデルで1920×1200となっています。Apple StoreのBTO Core i7モデルでは、グラフィックメモリが512MB(メインメモリと共有)となっています。


15インチモデルは、標準モデルとしてCore i5搭載が2モデル、Core i7搭載が1モデルがあるのに対し、17インチモデルはCore i5搭載の1モデルのみでCore i7搭載がオプションとなっているのは、ちょっと不思議に思えますが、MacBook Proの売れ筋を考えると、15インチモデルのバリエーションを確保し、17インチモデルのバリエーションを絞るのは、正しい戦略なのかもしれませんねぇ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

●各モデル共通で特に変わらなかった点は以下の通り。
10/100/1000BASEのLAN、それからUSBポート及びFireWireポート数、AirMac Extreme Wi-Fiワイヤレスネットワーク、Bluetooth 2.1+EDR、8倍速SuperDrive、またボディの形状等には特に変更がありませんでした。あとMacではMacBook Proを含めブルーレイドライブ搭載モデルを見かけませんねー。17インチモデルあたりはついてきそうな感じもしましたが・・・あと、時期的には厳しかったと思われますが、USB3.0にも対応しませんでした・・・残念。・゚・(ノ∀`)・゚・。


全モデルとも値下がり傾向にあり(と言っても15/17インチモデルについては、もともと割高な感じもあるので何とも言えませんが)、なかなかお買い得になりつつあるのかなと思います。BTOモデルで512GBのSSD等を選択すると一気に値段が跳ね上がりますが、15インチモデル等での1万円ちょいアップで1680×1050高解像度オプションあたりは、悪くないかも・・・と個人的な感想です(´∀`)

さてMacBook Airはいつ頃発表なんでしょーね。。。とても気になります(;´∀`)






ラネクシー
2009-12-04
おすすめ平均:
VMWareと比べてWindows7の再アクティベーションが必要
アクト・ツー
2009-11-06
おすすめ平均:
十分使えるレベルです
インテゴジャパン
2010-02-26
マイクロソフト
2008-01-16
おすすめ平均:
Excelは元々Macintosh用のソフトウェアだったのに
posted by Amazon360

« QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その15) | トップページ | MacBook Proの2009年6月旧モデル(Mid 2009)と2010年4月新モデル(Early 2010?)の比較 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

まいおい様

 昨年12月にMacBook Pro 15 インチ アルミボディを入手した私は少々「がっかり」ですが、ま、新製品が出て来るのは世の常で、今回、中身は更に充実した様ですが、アルミボディデザインは基本的に大きな変更はなかったので、ちょっと安心。

 でも、逆に考えてみれば、2008年後期の13インチMacBookアルミでも、「お仕事上」何の差し障りもなく堅牢な安定度で動いていますので、そう言った点から言うとAppleのノートブックは非常に安定した製品であると言えると思います。

 企業としては、新しいテクノロジーの具現化に沿って製品のロードマップが構成され、新しいテクノロジーを搭載して行くのが「定石」ですが、Appleの場合、最新をこれ見よがしに搭載して話題を振りまくのではなく、確実に安定した状態で(所謂、枯れた状態)ある程度成熟した機能を「使いやすく」載せて来るので、ユーザーも安心して使えると言う点はさすがであると、私は思っています。

 ま、お金が許すなら、新しいMacBook Pro 15 インチアルミを試してみたい所ですが、ま、それは現実には出来ません。が、次の買い換え時期に(何時か分かりませんが<笑>)出出て来ている新しいMacBook Proに夢を託したいと思います。

Jim,

Jimさま、おいでやす(´∀`)!

MacBook Proは、ここ数年、半年に1回のペースでリニューアルを続けており、2010年モデルの発表が遅れているなーと言う感じでした。。。Intelからモバイル用のCore i5やCore i7の供給が、優先的にWindows系ノートPCになされたためAppleへの供給が遅れ、この時期になったのではと言われているようですネ。

15インチはCore 2 DuoからCore i5/i7への移行があったので、結構旧モデルを持っている方にはインパクトが大きかったかもしれませんねー。

私は噂の聞かれないMacBook Airのスペックを見てから考えようかと思っていますが、MacBook Pro 13.3"モデルがCore 2 Duoから変わらなかったので、恐らくMacBook Airも変わらないスペックか単に値下げになるのかなーと勝手に予想しています・・・ただ、Early 2010モデルのMacBook Proの発売と同時にMacBook Airの値下げの発表がなかったので、もしかしたら・・・と一縷の望みを託して待っています。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« QNAP TS-859 Pro Turbo NASを買ってみた(その15) | トップページ | MacBook Proの2009年6月旧モデル(Mid 2009)と2010年4月新モデル(Early 2010?)の比較 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン