2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« MacBook Proの2009年6月旧モデル(Mid 2009)と2010年4月新モデル(Early 2010?)の比較(BlogPet) | トップページ | 比較(BlogPet) »

2010年4月22日 (木)

EFiXファームウェアアップデート8.19.26提供開始(EFiX V1.1向け)

EFiX V1.1向けファームウェアアップデート8.19.26がリリースされました。このファームウェアアップデートでの主な変更内容は、ASUS製マザーボードのサポート及びファームウェア7.18.25以前のファームウェアとMac OS X 10.6.3との組み合わせにおいて、ALC888コーデックを搭載したマザーボードにおいてサウンドが利用不可能になる不具合のFixになります。なお、特定のASUSマザーボードは、Mac OS X 10.6 Snow Leopardのみに対応している模様です。

※EFiXファームウェアアップデート8.19.26適用後、高い確率でカーネルパニックが発生する事象が確認されているようです。これは、各種キャッシュの再構築がうまく動作しないようで、カーネルパニックが発生した場合は、SafeSingleユーザモードで起動後、ダンプを表示させその後、Mac OS X 10.6 Snow Leopardを再起動することでキャッシュの再構築が行われ正常に起動するとのことです。

4/24追記:
コメントを頂きまして、上記のカーネルパニックの他に、32ビットモードで動作しなくなる事象が発生している模様です。本来ならば、EFiX Booting Centerと言うEFiXのブートローダ画面でMac OS Xの入っているディスクにカーソルを合わせた後、F6キーを押下することで、32ビットモードと64ビットモードの切り替えができるのですが、こちらで設定された動作ビットモードに関係なく、一律64ビットモードで起動してしまうようです。32ビットでしか動作しないMac OS Xアプリケーションや周辺機器等がある場合は、アップデートを控えたほうがよさそうです。この不具合は、SafeSingleユーザモードによる再起動では解決できず、次回以降のファームウェアアップデートによるFix待ちとなりそうです。


http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=49&t=7377

Firmware 8.19.26 for EFiX V1.1 Released

Firmware 8.19.26 has been released for the EFi-X version 1.1.

Changes:
.
* Add general support for ASUS motherboards
Now you can boot EFiX V1.1 on ASUS motherboards
Please note that in order a specific ASUS motherboard can boot and support Mac OS X 10.6 additional implementations are required

* Add support for motherboard: ASUS X58 P6T
Include confirmed support for Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)

* Add new Sound drivers for ALC888 codec support
This feature fix the issue which appears under Mac OS X 10.6.3 only: Disappearing sound after update to Mac OS X 10.6.3 by motherboards with ALC888 codec.
Generally affected series are, example: Gigabyte motherboards with "L" index (such like EP45-UD3LR etc.)

ERRATA:
Please Note:
a. Microphones does not switch off even if you select another INPUT channel by same sound card (device).
b. Speakers/Headphones (green plug) does not disable if you selecting another OUTPUT channels by same sound card (device).

*It is possible to expirience another visual or accoustical bugs, please do not report those.
This ERRATA is provided officially by ASEM.
ASEM is aware of current issues regarding ALC888 codec and does work on a new release already.


* For more detailed information regarding Mac OS X support please read HCL
http://www.art-studios.net/macoshcl

Make sure you are on the latest Control Center before attempting update.


【カーネルパニックが発生した場合の対処手順】
1.EFiX Booting Center(ブートローダ画面)でMac OS Xがインストールされているディスクにカーソルを合わせ"s"キーを押下した後、Enterキーを押下します。
2.ダンプの表示が開始されるので、それがが止まったのを確認した後、プロンプトに"exit"を入力することでMac OS Xのデスクトップが起動します。
3.Mac OS Xのデスクトップにあるメニューバーから再起動を行います。

上記手順でも問題が発生する場合には、詳しい症状や行ってみた操作等を添えてEFiX公式Forumに問い合わせするのが良いでしょう。・゚・(ノ∀`)・゚・。






インテル
おすすめ平均:
大満足です
アップルコンピュータ
2009-08-28
おすすめ平均:
Vistaと違う OS Update
アップルコンピュータ
2009-08-28
おすすめ平均:
インテル
2009-07-22
おすすめ平均:
早い!
WESTERNDIGITAL
おすすめ平均:
データ用には十分
posted by Amazon360

« MacBook Proの2009年6月旧モデル(Mid 2009)と2010年4月新モデル(Early 2010?)の比較(BlogPet) | トップページ | 比較(BlogPet) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

このファームウエアバージョンでは現在32bitモードでの起動が出来なくなっていますね。
F6キーで32bitにしても強制的に64bitモードで起動します。
自分が使っている機器のドライバが32bit版しか提供されていないため、全く役に立たなくなってしまいました。
どうやら32bitモードでのサウンド系の不具合が多数報告されているため、このような仕様になったようです。次のアップデートで元通りになることを願うばかりです。。

yuさま、おいでやす(´∀`)!

コメントありがとう御座います!

32ビットモードで利用してた人が、何をやっても強制的に64ビットモードで動作するようになりFinalCut Proが動かない ヽ(`Д´)ノって書き込みなどは確認していましたが、てっきり、Safeモードの起動で問題が解決するものだと勘違いしておりました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Safeモードでの起動では、カーネルパニックしか解決できないんですねー。。。ここ数回のファームウェアアップデート直後に、動作ビットモードがEFiX Booting Centerの画面で勝手に変更されていることがありましたが、なんらか問題を抱えているんですかねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

昨年の10月以来です。

X58ですけれど、v1.1, firmware 8.19.26 with OSX 10.6.3 にして使っています。
firm 8.19.26にしてから32ビットモードにしていても自動的に64ビットモードで起動するようになりました。でも各所をいじったせいどうか、F6キーで32ビットモードで起動できますね。まあ、64ビットモードの方が使い勝手がよさそうなので、64ビットモードで使っています。

そうそう、FInal Cut Pro が64ビットモードで起動できなくなるとは初耳ですね。
そんなやわな造りをしていのかねぁ。

おじさんpenguinさま、おいでやす(´∀`)!

32ビットモードでも動作したようで何よりです。わたしめの環境では、とりあえずファームウェアアップデートを見送っており確認はしておらず、EFiX公式Forum上でユーザからのフィードバック情報をちらちらと記事に載せております。・゚・(ノ∀`)・゚・。

どうもFinal Cutが動作しなくなったのは、特定のグラフィックボード(GeForce GT250 1GB?)を利用している環境においてグラフィックの環境が1024×768に固定された状態になったようで、Apertureも動作しなくなったとのForumへのポストがありました。QE/CIあたりが無効になってしまったんでしょーかね・・・

Final Cut ProではなくてGT250ですか、、、。
私、そんな高価な製品、使った事が無いです。
そんな製品を使えるなんて、ざまーあそばせ、でございます。

それはそうと、32ビットモードの件は次のように解釈しています。

本ファームウェアで、Efiーx booting centerからの起動が32ビットモードにしていても自動的に64ビットモードで行われるようになりました。しかし、どうもこれはプログラム初心者がスイッチプログラムのXOR制御でよくやるエラーのようです。理由は簡単で、次のようにすれば32ビットモードで起動できるからです。

(1) 32ビットモードにしてF6キーを使って64ビットモードで起動する。
(2) 再起動後、F6キーを使って32ビットモードに変更して起動する。

以上です。つまり、XOR制御の初期値設定を間違っているとしか思えないのですよね。以前から薄々とではありますが、素人プログラマーを使っているのでは?と感じていましたけれど、間違いないですね。

おじさんpenguinさま、再びおいでやす(´∀`)

その操作で、32ビット起動が可能でしたかー、Whiteの人が事実上開発の一線から退いてからプログラマを急募していましたが、あまり質の良い人がはいらなかったのかもしれませんね・・・その後、EFiXを2個以上所有しているユーザに対し無償・無保証のベータテスター募集してましたから・・・

EFiX公式Forumにその手順ポストしておいてあげると喜ばれるかもしれませんよー(´∀`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiXファームウェアアップデート8.19.26提供開始(EFiX V1.1向け):

» 我が家のMacPro的なものの調子が悪い [mono-orange.com]
夢の中での話なんですが、我が家のメインマシンはEFiXなMacProっぽいパソコン。 この子が最近6時間以上起動し続けられずにカーネルパニックを起こしてしまうようになりました。 症状が起きるようになったのは、1週間くらい前に電源ユニットが故障して以降のこと。 この故障時に、取り急ぎ手許にあった300Wの電源ユニットに交換をしたのですが、Intel Core 2 Quad Q9550の消費電力が95W、それにHDD2台とビデオカード(GeForce 6800GT)の構成なので、300W電源ではギリギリ... [続きを読む]

« MacBook Proの2009年6月旧モデル(Mid 2009)と2010年4月新モデル(Early 2010?)の比較(BlogPet) | トップページ | 比較(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン