2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« GeForce 320M搭載の薄くなったMac Miniが登場もCPUはCore 2 Duo | トップページ | Prestonia XeonマシンでVMware ESXi 4が動かないのでDell PowerEdge 2950を買ってみた(その10) »

2010年6月16日 (水)

Prestonia XeonマシンでVMware ESXi 4が動かないのでDell PowerEdge 2950を買ってみた(その9)

さて、PowerEdge 2950のハードウェアのほうを見終わったところで、OSなどをインストールする前に、BIOSやファームウェア等のアップデートについて、ほとんど覚えていないと言う終わり方を前回しましたが、さすがにアレなので、思い出せる限りで書いてみました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

私が購入したPowerEdge 2950は、ファームウェア周りがほぼデフォルトの状態だったので、運用を開始する前にアップデート行います。

とは言うものの、アップデートが必要なPowerEdge 2950のハードウェア周りのファームウェアはそれほど多くはありません。と言う訳で、さっそくファームウェア等のアップデートのための作業を開始します。

Poweredge2950_25sまずはDELLのサポートページに行きます。DELLのウェブサイトのトップページの下のほうからサポートページにいきます。DELLでは、製品別に個別のサポートページを持っており、PowerEdge 2950ならPowerEdge 2950専用ページ、XPS600ならXPS 600専用のページと言った構成になっています。

Poweredge2950_26s製品のカテゴリからPowerEdge 2950にたどり着いてもいいですし、製品タグ(製品の裏や横についているバーコードのタグ)のシリアルナンバーから製品の専用サポートページにいきます。PowerEdge 2950の初期型、PowerEdge 2950 II、PowerEdge 2950 IIIのサポートウェブサイトが分かれているか微妙ですが、一応、製品タグのシリアルナンバーでドンピシャの製品専用サポートページ到達するのが良いかと思います。

PowerEdge 2950のBIOSやファームウェア周りのアップデートを行うには、いくつか方法があり、各利用環境等にあわせて選択することができます。

・PowerEdge 2950専用の管理用ユーティリティOSをDVDブート起動してからアップデートを実施する方法
・一度、Windows ServerやLinux等のOSをインストールし、それらOS用の管理用ユーティリティからアップデートを行う方法
・Windows ServerやLinux等のOSをインストールしてから、個別のファームウェアアップデート用EXEファイルを実行する方法

ひとまず、どの方法でアップデートをするかは別として、今回必要そうなアップデートをざっと挙げてみると以下の通りになります。

・BIOS>サーバBIOS
・Embedded Server Management>BMC Firemware
・Embedded Server Management>SAS Backplane Firmware
・SAS RAIDコントローラ>(ファームアウェア)PERC 5/E Adapter
・ネットワーク>(ファームアウェア)BCM5708 TOE plus iSCSI Offload NIC

この他にもいくつもファームウェア等はあります。標準でハードディスク等を搭載したまま購入した際のハードディスク製品別の個別ファームウェア(Seagate SAS A00やA20用、Fujitsu ALシリーズ用、Hitachi HDシリーズ用等)、UPSとの接続時に必要なファームウェア、PowerVaultと接続するためのファームウェア等いろいろありますが、うちの構成にないものなので、上記の5つのみです。

と言う訳で、モノは試しと言うことで、専用の管理用ユーティリティOSのDVDブートから各ファームウェア等のアップデートを試み・・・結論から言うと挫折しました。・゚・(ノ∀`)・゚・。 一応中身は、恐らくですが専用の管理用ユーティリティに特化したLinuxあたりかなと思います。

最初からPowerEdge 2950に付属していた専用の管理用ユーティリティOSのDVDやファームウェアアップデート用のファイルが入ったDVDやCD等がありますが、これらはバージョンが古いため利用しません。PowerEdge 2950専用のサポートウェブサイトからこれらを改めてダウンロードしDVDやCDに焼いた後に起動を試みましたが、どうもうまくパッチ等に適用ができませんでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

専用の管理用ユーティリティOSは、CUIベースですが、マウスの操作等も可能ななんちゃってGUIになっています。ネットワークにもすぐに接続できるようになっており、ネット経由での最新のファームウェア適用などもできるようになっているみたいです・・・まぁ、うまくアップデートできなかったんだけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そんな訳で続く・・・○| ̄|_

« GeForce 320M搭載の薄くなったMac Miniが登場もCPUはCore 2 Duo | トップページ | Prestonia XeonマシンでVMware ESXi 4が動かないのでDell PowerEdge 2950を買ってみた(その10) »

VMware/XenDesktop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« GeForce 320M搭載の薄くなったMac Miniが登場もCPUはCore 2 Duo | トップページ | Prestonia XeonマシンでVMware ESXi 4が動かないのでDell PowerEdge 2950を買ってみた(その10) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン