2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« Prestonia XeonマシンでVMware ESXi 4が動かないのでDell PowerEdge 2950を買ってみた(その9) | トップページ | マン(BlogPet) »

2010年6月17日 (木)

Prestonia XeonマシンでVMware ESXi 4が動かないのでDell PowerEdge 2950を買ってみた(その10)

PowerEdge 2950を本格的に運用する前のBIOSやファームウェア等のアップデート作業の続きです。

専用の管理用ユーティリティOSのDVDブートによるBIOSやファームウェア等のアップデート作業を諦め、適当なOSをインストールしてからのアップデートに切り替えました。アップデートをするためだけに一度OSをインストールするのも、なんかマヌケな話ですが。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そんなわけで、作業が楽そうなWindows Server 2008の評価版を選択・・・現時点では、Windows Server 2008 R2が最新ですが、当時の最新のWindows Server 2008を・・・BIOSやファームウェア等のアップデート作業のためだけに利用するので、試用版で充分です。もちろんLinuxが慣れてるZE☆と言う人は、Linuxを選択するのが良いでしょう(´∀`)

早速Windows Server 2008をささっとインストールしてPowerEdge 2950の専用サポートウェブサイトから各種のファームウェアアップデート用のEXEファイルをダウンロードしてきました。Windows Server用の専用の管理用ユーティリティもありましたが、またハマりそうなので、個別のファイルにしました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

専用の管理用ユーティリティを利用するメリットとしては、遠隔のPowerEdge 2950等もこれで操作や管理できる、また、PowerEdge 2950全体を走査して、バージョンアップが必要なファームウェア等を画面上で確認できると言ったことですが、今回は、ファームウェアを適用する箇所がある程度見えているため利用しませんでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

前回の記事の通り、アップデートの対象は、サーバBIOS、BMC Firemware、SAS Backplane Firmware、PERC 5/E Adapterファームウェア、BCM5708 TOE plus iSCSI Offload NICファームウェアなので、それぞれWindows Server 2008用のファイルをダウンロードしてきます。

さて、これらファームウェアは大雑把にどんなもんかと言うと・・・

【サーバBIOS】
そのまんまBIOSです。

【BMC Firemware】
Baseboard Management Controllerのファームウェアで主にリモートで電源管理を行う等の制御をするための機構に対するファームウェアです。

【SAS Backplane Firmware】
SASのハードディスクをスロットに挿入した際に、ハードディスクのコネクタと接続される背面パネルのファームウェアです。

【PERC 5/E Adapterファームウェア】
SASのRAIDコントローラのファームウェアです。

【BCM5708 TOE plus iSCSI Offload NICファームウェア】
ネットワークカードのファームウェアになります。このネットワークカードは、NIC上にフロー制御用の演算装置が付いており、またiSCSI接続をした際のフロー制御も行ってくれるシロモノです。

で、適当インストールしたWindows Server 2008の適当なディレクトリに、ダウンロードした各種のBIOSやファームウェアのアップデートファイルを解凍して実行していくと、サクサクっとアップデートが行われます。BIOS等のアップデートを含め、すべてOS上から実行できます。

んで、一応、再起動してWindows Server 2008上で、ファームウェアアップデート後も、基本的なPowerEdge 2950の動作・・・ちゃんと起動すること、ハードディスクが認識すること、ネットワークが利用できること等、問題ないことを確認して無事にセットアップ完了です(´∀`)

さて、ついにPowerEdge 2950利用可能な状態にー・・・と思ったら、本格利用・・・つまりVMware ESXi 4をインストールする前にもう2つ・・・BIOSの設定確認とRAID構成作業を実施する必要がありました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

で、続く

« Prestonia XeonマシンでVMware ESXi 4が動かないのでDell PowerEdge 2950を買ってみた(その9) | トップページ | マン(BlogPet) »

VMware/XenDesktop」カテゴリの記事

コメント

まいおいが運用するの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Prestonia XeonマシンでVMware ESXi 4が動かないのでDell PowerEdge 2950を買ってみた(その9) | トップページ | マン(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン