2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« 再開(BlogPet) | トップページ | やっぱりiPad(Wi-Fi 64GBモデル)を買ってしまいました(その2) »

2010年10月18日 (月)

やっぱりiPad(Wi-Fi 64GBモデル)を買ってしまいました(その1)

Ipad01s




購入してから既に2ヶ月以上が経過してしまいましたが、やはりというか何というかiPadを買ってしまいました。

急激に欲しいと言う衝動が湧き、探し始めるものの、当時Apple Storeには当然在庫がなく、家電量販店でも運が良ければ手に入ると言った感じ・・・オークションでは軒並み高騰と言うことで、しばらく会社帰りに家電量販店とApple Storeを小まめにチェックすること1週間・・・Apple Storeに丁度入荷があり、iPad Wi-Fi 64GBモデルを入手することができました。

iPadを購入するにあたって、Wi-Fi+3G版とWi-Fi版の選択では悩まずWi-Fi版を選びました。理由は以下の2点でした。

 1.iPhone 3GSを利用しているため3G回線契約を複数したくなかった
 2.通信インフラとして契約中のイーモバイルでPocket Wi-Fiを考えていた

1.の補足としては、既にiPhone 3GSで1回線、NTT DoCoMoで1回線、その他にE-MOBILEで1回線、キャリアとの契約があるため、これ以上の契約はしたくなーい(と言うかどこか1回線に纏めろって話もありますが)と言うのが大前提でした。

追加の理由としては、確かに3G回線がいつでも利用できるWi-Fi+3G版iPadは便利で、Wi-Fi版には搭載されていないハードウェアGPSにより精度の高い位置情報を基にしたナビゲーションもできるーと言った利点がありますが、そちらはiPhoneで代用することでコト足りると言う結論によるものでした。

2.の補足としては1.と関連する部分もありますが、既に書いたようにイーモバイルと契約していて、契約プランが悪名高いガラパゴス式2年縛りだったので、解約はこの時点では考えていないことと、イーモバイル契約時はD02HWを購入したんだけど、D25HW、いわゆるPocket Wi-Fiの白ロム版を手に入れて、D02HWのSIMを差し替えて使うことを考えていました。

そんな訳でWi-Fi版のiPadを選択したんだけど、容量については少し迷いました・・・が、結局、現行の機種で最大容量の64GB版を選択しました。理由は、仕事を含め資料等や動画を持ち歩くことを考えていたためです。

iPhone 3GSを購入したときは、それほどiPhone自体にはモノを詰め込むことはないだろうと言うことで16GB版にしています。iPhoneでも資料を詰め込んだり動画を詰め込むことは可能だけど、やはり仕事で一般的なA4サイズの資料を見るには、ピンチインとピンチアウトを繰り返しして見るのは辛く、動画見るのにも少し物足りないと感じたためです。

それに較べiPadはそれらを見るにも充分な大きさで、Wi-Fi版と言うこともあり、なるべくオフラインでモノを見れたほうが良いので容量は大きい方が良いだろうという理由からです。いざとなればDropBoxやEverNote、ServersMan、Google Docs等をはじめとする各種のストレージサービスとしても利用可能なクラウドサービスもあるんだけどね。

iPad を2ヶ月間使ってみて・・・の感想ですが、めんどくさがりな私にはかなり重宝するアイテムだ!と言うところが正直な感想です。iPadは、ライフスタイルやターゲットとする利用方針により使い方は十人十色でしょうが、私の場合は、簡単な作業をするノートPC代わりとして重宝しています。

と言うことでiPadの話が続きます。






SoftBank Selection
2010-05-28
おすすめ平均:
取り外しが簡単!
アップル
2009-10-31
おすすめ平均:
純正にしては安い
あえてWindows用に使ってみました
プロテック
2009-04-14
おすすめ平均:
コンセントが1つで済むので便利。
PS3、DSiに
iPadの充電について
パワーサポート
2010-05-25
おすすめ平均:
貼る作業。。。
パワーサポート アンチグレアフィルムセット
オススメです
posted by Amazon360

« 再開(BlogPet) | トップページ | やっぱりiPad(Wi-Fi 64GBモデル)を買ってしまいました(その2) »

iPhone/iPad/iPod touch」カテゴリの記事

コメント

まいおい様

 そうですか。私はiPadのWi-Fi+3G 64GBで楽しんでいますが、先週、これに、非常にクリティカルな出来事を救われたので紹介しておきます。

 日本出張の帰り、空港へ行く電車の中でiPhone3GSの電池量が寂しかったので、通常はベルトからロング・ストラップで繋いでいるiPhoneを外し、充電器電池で充電していたら、朝早い電車だったので一眠り・・・駅についた後、寝ぼけ眼の私は充電器電池装着しっぱなしのiPhoneを忘れ、その事を税関の持ち物検査場で腰ベルトの携帯ケースを外すまで、iPhoneを電車内に忘れた事に気付かず、一気に顔面蒼白になりました。

 気を取り直して、iPadに入れてある「iPhoneは何処?」で探した結果、JRの駅にある事が得分かり、後は、JRの職員の方、搭乗する飛行機会社の方の連携で、搭乗口で無事にいPhoneを受け取る事が出来ました。私は、日本に住んでいませんし、空港でWi-FiだけのいPadですと無線LAN接続も手間がかかりますが、中国のSIMを国際ローミング出来る様にして於いたので、iPadで即、iPhoneを探し当て、即メッセージをiPhoneに送り、自分が何処にいるかも、JRの方、搭乗する航空会社の方に知らせる事が出来、非常に助かりました。こんな機能は、滅多に使えるモノではありませんが、流石Appleと感心してしまいました。

 日本での、iPad3Gが結構な料金縛りや長期使用顧客様への割引サービスがあるようですが、それでも高いですね。中国のSIM(自分で、Micro-SIMに加工済み)での使用料金は、基本料金は690円/月で、後は使っただけ払う方式ですので、非常に経費が少なくて済みます(カードの中には、日本円で15,000円分の先払い分を入れています)。

 今回、余り経験出来ない事を、私のポカミスで経験してしまいましたが、3Gのありがたさを痛感しました。


Jim,

Jimさま、おいでやす(´∀`)!

iPhone紛失せず、無事に手元に戻って来て良かったですねー(´∀`)

それまでiPod touchからiPhoneを購入した時に3G回線の便利さには感動したものですが、やはりランニングコストを考えるとiPadでは3Gは利用せず、どうしても3G回線が必要な際にはiPhoneに頼ることにしました。

その代わり・・・月額で200円程度と500円程度の2つのの公衆無線LANサービスに契約しています。自分は普段、電車での移動がほとんどで、特に東京において駅には殆ど入っている公衆無線LANサービス、もう1つはマクドナルド、スターバックス、喫茶ルノアールと言った駅前になら、ほぼ必ずあるような店で利用可能な公衆無線LANサービスでWi-Fiスポットを多く確保して3G回線の代わりとしています。

いずれにせよ、2年縛りや通信費用がもう少し下がってくれれば3Gや携帯キャリアが提供する回線を利用することも検討できるのですが、今のところは考えられませんね・・・。

まいおい様

 多分日本だから、この様にスムースに違う会社同士の連携が上手く行ったのではないか?と思います。何れにせよ助かったのは事実で、奇跡の様に思っています。

 色々なブログで、3G通信関係(日本国内で)の料金プランの話が出ていますが、海外から見ていると、日本の料金体系って、本当に初めて加入するプランが結構高い為に、従来からのユーザーさんは、色々な割引がついて、御新規価格より「得」をしている様に思ってしまう「錯覚」が働いているのではないでしょうか?月の基本料金が6千円とかが「安い」と感じる「マーケット」構造は、海外から見ていて「おかしい」と思います。何か、感覚麻痺を起こさせて、月々の基本使用料金+通話料金額でも「そんなモノか・・・」と思わせる戦略があるのでは?と、宇がっkたかんが絵かも知れませんが、自然とGuessしてしまいます。私は、日本に住んでいないため、どうも日本の料金体系を見ていると「???」が先に立ちます。香港でも中国でも、GSM+3G SIMの基本料金は非常に安く、勿論、電話は使った分だけの支払い、データも同じ。中国国内での移動が多い方の場合は、主に出かける地域での「プリペイドSIM」を買っておき、それを使用する事により電話代の節約をしています(特に営業関係で、国内移動が多い方等)。

 勿論、データ通信にも、色々なプランがあり、それを選択する事で、更に安くなりますが、それは御新規加入野方でも、基本的に同じ条件です(勿論、ヘビーユーザーは、例えばChina Telcomから優待会員カードが発行され、国内の飛行場でのVIPルームの使用、ゴルフの割引、レストランの割引、呼吸携帯電話の低価格購入案内等、非常に充実したサポート体制が用意されています)。

 日本の、携帯電話の料金体系を分かって言っているのではないので、的外れな内容かも知れませんが、海外から率直にこの部分をwebなどで見ると、自然と「日本の携帯料金って高いなー」という感覚が自然に沸き起こります。

Jim,
 

まいおい様

 忘れてました。GRIFFINの、手帳みたいなiPadケース(カバー)、iPadシェルカバーと併用で使用していますが、非常に便利で使い心地も良好です。いきなり開いて、iPadを使い出すと、たいていの人が「え?手帳じゃなかったの?」と驚きます。良いものを紹介して頂いてありがとうございました。中国のerb販売で調達したので日本での購入価格に大きな差があります。中国の方が断然に安かったです(笑)。背面のShell Coverは、TUNEWEARの製品です。安かったので、赤とブルーの二色を着せ替えて楽しんでいます。


Jim,

Jimさま、再びおいでやす(´∀`)

携帯電話登場の草創期から市場をほぼ独占的に支配し続けたNTTドコモが最初に策定した料金に基づいてビジネスモデルを確立してしまった・・・つまり、どんな状況にあろうと企業にとっての一定の利益額を確保すること大前提とした料金モデル・ビジネスモデルにより携帯電話の市場料金が慣例的に決まって、後発で参入してきた他のキャリアも追随する形もしくは、ほんの少しだけ安くするような形で事業を継続しているために、長いことコスト削減の取り組みを必要とせず、左うちわな状態で長いこといたことが、すべて今の状況作っている気もします。現在、ある程度競争状態に入り、以前に比べれば安くはなっているものの、一時期のNTTドコモの儲かり方は異常でしたからね。

もう少し市場競争がしやすい法規制の緩和や対策が必要なのかもしれません。通信インフラの整備や市場についてはどうしても大企業の思惑と国内企業の保護の観点から政府の意志も影響するので、特に日本と言う国を見ると、そう簡単には行かないかもしれませんが・・・(;´Д`)

iPadのケースは、気に入られたようで何よりです。わたしは、スーツ姿で持っていても、傍目に違和感がないところが特に気に入っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりiPad(Wi-Fi 64GBモデル)を買ってしまいました(その1):

« 再開(BlogPet) | トップページ | やっぱりiPad(Wi-Fi 64GBモデル)を買ってしまいました(その2) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン