2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« やっぱりiPad(Wi-Fi 64GBモデル)を買ってしまいました(その1) | トップページ | 1.06kg、USBを2ポート搭載、11.6インチの新型MacBook Air(Late 2010)登場!(その1) »

2010年10月20日 (水)

やっぱりiPad(Wi-Fi 64GBモデル)を買ってしまいました(その2)

Ipad09siPad発表当初、どちらかと言えばiPadには否定的な印象を持っていました。「大きなiPod touchだよね?」「組み込み用のCPUで性能が貧弱そう」「標準的なUSBポートもないからデータ交換が面倒そう」「おまけに値段も思いの外高い」など、色々ネガティブポイントを挙げていけばきりがない感じでした。

全体的なデザインで見ると、確かに「大きなiPod touch」と言うのは間違いじゃないと考えています。ただ「大きいことは良いことだ」ではないけれど、iPadサイズの画面で何かしらを閲覧するのは、 iPod touchやiPhoneに較べてとても見やすく楽ちんなのです。

Ipad08s性能をみてみるとそれほど不満無く利用できていますが、実際にはアップルのA4プロセッサは高性能だと言うものの、それはあくまで組み込み用MCUもしくはCPUの世界での話で、なのだと思います。iPhoneアプリを含めiPadで利用可能なアプリは、基本的にAppleが提供するフレームワークを利用して、Appleが課した制限の範疇で、iPhoneやiPadに最適化されたSDKによって作られています。

従って、iPhoneやiPadのアプリは、確かにそれらのデバイス上ではスムースに動作はするのだけど、一般のパソコンやサーバで動作するアプリケーションに較べ機能や動作、取扱いができるデータ量等に大幅な制限が掛かっている・・・だからこそiPhoneやiPad上でも充分に動作するとも言えるんでしょーけどね。

実際にiPhoneやiPad、iPod touchで提供されいてるアプリの機能を一般のそれと較べると恐ろしくシンプルで、1つないしは2つ程度機能に特化したアプリが大半を占めると思われます。逆説的言うならば、実はアプリというのは、その程度の機能があれば必要充分なんじゃないかなとも考えさせられる今日この頃ではありますがw

Ipad10Ipad11左の絵は、Citrix Receiver for iPhone(左)とCitrix Receiver for iPad(右)でそれぞれXenDesktopのWindows 7に接続した時の画面サイズの比較(クリックすると見え方の比率がわかります。)。Citrix Receiver for iPhoneでは、スタートメニューを開くと、画面の9割以上が、スタートメニューに占領され、それでもスタートメニューの一部しか表示できませんが、Citrix Receiver for iPadのほうでは、普通のWinodwsを利用する感覚のサイズで操作を行うことができる感じです。

Ipad12Ipad13もう1つは、GoodReader for iPhone(左)とGoodReader for iPad(右)で、資料を見た際の比較(クリックすると見え方の比率がわかります。)。GoodReader for iPhoneでは、ピンチイン/ピンチアウトを繰り返し利用しつつ、資料を少しずつずらして初めて1ページ全体を見ることが可能ですが、GoodReader for iPadでは、何もせずに資料を1ページ読むことができます。

価格面でみると、iPad Wi-Fi版16GBのモデルでiPad用アクセサリ等をまったく考えなければそれなりの値段だけど、少し容量の大きいモノ+周辺機器を追加・・・例えばiPad Wi-Fi版64GB+Dock+Bluetoothキーボード+カメラConnection Kit+Apple Careを購入した場合の価格は9万円近くにもなります。

下手をするとMacBookの最廉価モデルやDELLあたりだと最新のCore i7プロセッサを搭載した最新デスクトップPCやノートPCが手に入っちゃいますよね。

それを踏まえた上で、改めて考えてみると・・・一般的なPCとiPadとで大きく異なる操作性という部分を除き機能面でみると、基本的にはiPadでできることの殆どはPCでもできますが、PCでできること中にはiPadではできないことが結構あります。

勿論、アプリケーションの使い勝手や機能面を我慢すれば、様々な機能を実現するためのアプリケーションの代わりに、GoogleのDocsを含めた数多のクラウドサービスにより代替することは可能だろうけど、恐らくかゆいところには手が届かないと思います。

そう言うものの見方をすると一気にiPadの価値が下がってしまう感じがし、事実まいおいさん個人としても、そう思った時期もありました。しかし、そもそも「タブレットデバイス」と位置づけられたiPadの製品コンセプト、思想としてiPadにノートPCと同じ役割を求めること自体が、その比較がナンセンスであるかもしれません・・・が、どうしても比較しちゃいたくなりますよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

じゃあ、ドコに価値を見いだしたのかについては、次回に。・゚・(ノ∀`)・゚・。






SoftBank Selection
2010-05-28
おすすめ平均:
取り外しが簡単!
アップル
2009-10-31
おすすめ平均:
純正にしては安い
あえてWindows用に使ってみました
プロテック
2009-04-14
おすすめ平均:
コンセントが1つで済むので便利。
PS3、DSiに
iPadの充電について
パワーサポート
2010-05-25
おすすめ平均:
貼る作業。。。
パワーサポート アンチグレアフィルムセット
オススメです
posted by Amazon360

« やっぱりiPad(Wi-Fi 64GBモデル)を買ってしまいました(その1) | トップページ | 1.06kg、USBを2ポート搭載、11.6インチの新型MacBook Air(Late 2010)登場!(その1) »

iPhone/iPad/iPod touch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりiPad(Wi-Fi 64GBモデル)を買ってしまいました(その2):

« やっぱりiPad(Wi-Fi 64GBモデル)を買ってしまいました(その1) | トップページ | 1.06kg、USBを2ポート搭載、11.6インチの新型MacBook Air(Late 2010)登場!(その1) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン