2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« XenDesktop 4で仮想デスクトップ環境を構築してみた(その6) | トップページ | XenDesktop 4で仮想デスクトップ環境を構築してみた(その8) »

2011年2月27日 (日)

XenDesktop 4で仮想デスクトップ環境を構築してみた(その7)

Xendesktop4_08さて、実際のインストール作業等を行う前に、XenDesktopを構成するための必要コンポーネントとその役割について確認しておきます。XenDesktopを構成するコンポーネントは、大きく以下の3つに分かれるようです。

【DDC】XenDesktopの利用者に対しユーザ認証と利用申請に対する仮想デスクトップの割り当てを行いXenDesktopの司令塔となるDesktop Delivery Controller(以下DDCと表記)
【WI】ユーザ認証とユーザからの仮想デスクトップ利用申請を受け付けるための窓口になるWeb Interface(以下WIと表記)
【VDA】仮想デスクトップ上にインストールし、DDCが利用可能な仮想デスクトップの状況把握やユーザからの仮想デスクトップ利用申請に対する割り当て指示などの通信を行うためのVirtual Desktop Agent(以下VDAと表記)

DDCとWIはサーバにインストールし、VDAは仮想デスクトップにインストールします。このほかもう1つ重要なコンポーネントとしてCitrix Online Plug-inやReceiverがあり、これらは仮想デスクトップを操作・利用するデバイス側にインストールする必要がありますが、こちらは、XenDesktopの環境が一通り構築でき次第紹介します。

これらXenDesktopを構成するコンポーネントの実際のインストール作業自体は、驚くほど簡単で作業自体も30分もかからずに終了するハズです。むしろ重要なのは、XenDesktopを利用する上で必須となるActive Directoryの準備及びActive Directoryユーザ及びグループの整備になるかと思います。

XenDesktopは、ユーザの初期認証及び認証されたユーザ利用できる仮想デスクトップの選択等を基本的にすべてActive Directoryユーザやグループの区切りで設定していきます。XenDesktopで利用する仮想デスクトップの利用権限設定は、Active Directoryユーザやグループ単位に仮想デスクトップを事前に割り当てていくため、XenDesktop環境が構築できても、Active Directoryユーザやグループ整備されていない場合は、実際の運用に支障をきたすことが想定されます。

ソンナワケデ、XenDesktopを利用する際には、事前にActive Directory上において、ユーザ及びグループを設定し、それらユーザやグループ毎に利用可能な仮想デスクトップの構成を事前に設計しておくことが重要になります。尤も、実際に企業などにおいてActive Directoryを既に運用している場合は、ある程度ユーザやグループまたはOUの設定等も行われ、ある程度それら毎に、例えばActive Directory自体に対するアクセス権やファイルサーバにおけるアクセス権限設定を行っていると思われるので、それ毎に利用する仮想デスクトップの構成や利用権限を設計するだけで済むかと思います。

実はXenDesktop環境の構築手順については、Citrixから提供されているXenDesktop 4 Step by Stepガイド(実際にはXenDesktop 4 Express用ではなく、90日の試用版のXenDesktop 4環境の構築手順ですが、基本的にはXenDesktop 4 Expressのインストール手順と変わりません)というモノがあり、これを見て手順通り作業をすることで、XenDesktopのコンポーネントの入手方法からインストール及びある程度の設定までざっくりですが、こなすことができます。

しかし、このStep by Stepガイドの手順は、Windows Serverが2台あること、そしてActive Directory環境が存在すること、そしてActive Directoryユーザが既に作成されていることが前提条件とされているため、先に述べたようなXenDesktopを運用するための基本的な理解がないと、実際の運用を行うのは難しくなります。

こちらのStep by Stepガイドは、あくまで検証等を行う際に、ひとまず運用の設計は置いておいてXenDesktopを体験するために必要な環境を超特急で作成するためだけの手順として考えると良いと思います。

« XenDesktop 4で仮想デスクトップ環境を構築してみた(その6) | トップページ | XenDesktop 4で仮想デスクトップ環境を構築してみた(その8) »

VMware/XenDesktop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XenDesktop 4で仮想デスクトップ環境を構築してみた(その7):

« XenDesktop 4で仮想デスクトップ環境を構築してみた(その6) | トップページ | XenDesktop 4で仮想デスクトップ環境を構築してみた(その8) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン