2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

カテゴリー「EOS Kiss Digital X」の37件の記事

2009年1月18日 (日)

シグマ「18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM」発表

ひさびさ、カメラネタ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

相変わらず、EOS KISS DIGITAL Xは、Blog用の物撮りばかりに使われており、最近では、すっかり望遠系のレンズの出番なく、EF-S60mm F2.8 マクロ USMの一択になっていますが、私の持っている比較的、汎用的な望遠レンズ、シグマ18-200mm F3.5-6.3 DC OSの後継的なレンズ、シグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMが発表されました。

18mmの広角側から200mmの望遠側までカバーし、手ぶれ補正付きのレンズ、そして、F3.5-6.3と"それなり"なF値を持っているレンズは、外で風景なんかを撮る際、また、夜景などの撮影でかなり活躍してくれました。

また、今でこそ、EF-S 18-200mm F3.5-5.6 ISがありますが、当時は、Canonの純正レンズに18-200mmってなレンジがなく、ある程度、広角から望遠を1本のレンズでカバーしようと思うと、選択肢が、シグマの18-200mm F3.5-6.3 DC OSかタムロンのAF18-200mm F/3.5-6.3 XR DiII(Model A14)とかしかなかったんですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

18200_new01当時、タムロンの望遠レンズの多くは手ぶれ補正がなかったことから、私はシグマ18-200mm F3.5-6.3 DC OSのほうを選んだわけですが・・・


んで、今回、18-200mmから、さらに望遠側が50mm伸びた18-250mmをカバーする、シグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMの発表となったわけですが、シグマの18-200mm、今回発表の18-250mmにしても、PS-Cサイズでデジタル一眼レフ専用のレンズになります。これらAPS-Cデジタル専用レンズは、フィルムカメラ35mm換算で1.6倍の焦点距離になるので、今回発表のシグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMの望遠側に至っては、実に400mm相当になるわけです。

シグマで型番に"OS"と付くモノは「手ぶれ補正あり」のレンズになります。また、"HSM"が付いているので「超音波モーター」が採用されており、高速で静かなフォーカスを可能としています。

シグマ18-200mm F3.5-6.3 DC OSは一部HSMが付いているモノもあるんですが、私の持っているキャノン用のシグマ18-200mm F3.5-6.3 DC OSは、OSの手ぶれ補正が付いているモノの、HSMがないため、フォーカスするときに「ジーッ、ジーッ」と結構な音で、ちょい、まったりとピントが合っていきます。

なんで、急いで撮りたいときなんかに、多からず撮りたい絵を逃すことがありましたが、HSMなら、そーいった機会を減らすことができるかもしれませんし、また、静かなほうがいいですよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

また、今回のシグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMとシグマ18-200mm F3.5-6.3 DC OSの大きな違いは、シグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMがインナーフォーカスを採用していることでしょーか。

私の持っているシグマ18-200mm F3.5-6.3 DC OSはインナーフォーカスではないため、望遠ズームを利用すると、にゅーっとレンズが伸びていきますが、インナーフォーカスを採用しているシグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMは、それがなく、レンズの筒の部分が伸びない状態でズームされるハズです。

コンパクトな状態のまま望遠ズームができるのはありがたいなーと思います・・・特にチキンな私は、未だ、カメラを持って外に出て、スナップなんかを撮るとき、いかにも、今、遠くから狙ってますヨーみたいな風に見られるのがこっ恥ずかしくてwwwwww

まぁ、Blogに載せている通り、物撮り、風景がメインなので、別恥ずかしがる必要ないんですけどネ・・・ひとまず、シグマ18-200mm F3.5-6.3 DC OS手放して、シグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM買い換えようかなーと激しく悩ませてくれる、悩ましいレンズです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Amazonあたりでの予価を見ると、69800円程度ど、おおよそシグマ18-200mm F3.5-6.3 DC OSが出たときの価格くらいになってます。今のシグマ18-200mm F3.5-6.3 DC OS価格が42000円前後と、シグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMの発表もあってか、だいぶこなれてきていますが、シグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMも、少し時期が立てば、少し下がるかもしれませんネ。






2005-03-17
おすすめ平均:
最初の単焦点レンズにお勧め
おすすめ平均:
使えば使うほど気に入ります♪
2008-09-26
おすすめ平均:
オールマイティ
powerd by Amazon360

2008年7月12日 (土)

だんだん夏な感じデス

こんにちは、まいおいさんです(´∀`)

お仕事テンパルちゃん絶賛デスマチ中な感じですが、あまり放っておくと、BlogPetの様子のおかしな文言で埋め尽くされそうだったので、ひさびさに方更新してみますヨ( ゚Д゚)y─┛~~

ちょっと前に入ったBlogPetのグループ、それっきりお題に沿った絵が撮れていなかったんですが、7月に入ってからいくつか撮ったものをうpしてみます(´∀`)

Capr7_r0010246最近、ホントに日が長くなりましたねー。そんなわけで、結構、夕方という時間なんですが、まだまだ明るい空の様子です。去年の夏以来、スッキリ青って感じの空を撮った絵がない気がします。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Caplio R7、三脚なし、オート、F5.0、シャッタースピード1/930秒、ISO 100

Skissx_morning01Skissx_morning02別の日の朝も早い時間、まだスモッグな朝もやな感じの東京タワー方面。微妙な厚さの雲が空全面を覆っていて、丁度、日が昇ってから少しした時間なんですが、ちょっとダメな感じの水墨画みたいになってました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

EOS Kiss Digital X + EFS-18-55mm F3.5-F5.6、三脚なし、絞り優先、F11、シャッタースピード1/400秒、1/320秒、ISO 400

Gr_nightもはや青空ですらない・・・GR DIGITAで久々に夜を撮ってみました・・・つか、どうもコンデジは夜に弱いのは仕方がないんだけど、なんとか明るいフォーカスポイントとして認識できるような場所をみっけて、そこに合わせて撮ったら、全体的にボヤっとした絵調になるのを防げるかなーと思ったんですが。。。結果は、若干、ほんの若干マシになったって程度ですかね┐(゚~゚)┌

GR DIGITAL、三脚使用、マニュアル、F9、シャッタースピード8秒、ISO 400

Skissx_nightやはり、このへんのフォーカスの性能は一眼のほうが相変わらず圧倒的ですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。


EOS Kiss Digital X + EFS-18-55mm F3.5-F5.6、三脚使用、絞り優先、F11、シャッタースピード10秒、ISO 400







RICOH デジタルカメラCaplio (キャプリオ) R7 ブラック 800万画素 光学7.1倍ズーム CAPLIOR7BK
おすすめ平均:
真黒
RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL
おすすめ平均:
ものすごくフラットな像
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss デジタル X レンズキット シルバー KISSDXS-LKIT
おすすめ平均:
デジタル一眼入門にオススメ。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2 レンズキット KISSX2-LKIT
おすすめ平均:
標準レンズだけでも十分楽しい♪
powerd by Amazon360

2008年4月15日 (火)

空の表情は

Scloudy




真っ青に抜けた群青も好きですが、たくさんの雲の見せる陰影やコントラストも好きなんです(´∀`)




■撮影メモ
EOS Kiss Digital X + EF-S60mm F2.8L マクロ USM、三脚使用、スピードライトなし
絞り値2.8、シャッタースピード1/1000、ホワイトバランスオート、露出補正+0.7

2008年1月24日 (木)

キスデジXの後継機、EOS Kiss X2(EOS 450D)発表!

少し前に、もうすぐキスデジX、EOS Kiss Digital Xの後継機が発表なのでは?なんてことを書きましたが、ついにEOS Kiss Digital X(国外製品名:EOS 400D)の後継機、EOS Kiss X2(EOS 450D)が発表されました(´∀`)!

すでに、Canonウェブサイトにも製品ページが開設されており、発売は2008年3月下旬頃とのことです。EOS Kiss Digital Xの後継機ですが、この新製品から"EOS Kiss X2"と表記されており"Digital"の文字が外れていてマス。てっきり、EOS Kiss Digital X2かと思ったんですけどw

で、早速簡単なスペックなど見てみます(*´∀`)・・・結局、最終的なスペックは、前回、海外サイトでの情報とは、若干異なるものとなりましたが、嬉しい差違と、悲しい差違、どちらもあった感じです。

主要なスペックでの変更点は、画素数が、1010万画素→1200万画素へ、映像エンジンは、DIGIC II(12bit)→DIGIC III(14bit)へ、液晶は、2.5インチ→3.0インチへ、記録媒体がCFカード→SD/SDHCカードへ、本体重量が510g→475g、ライブビュー搭載となっています。

コントラストが低くなりそうな場合に、明るさ・コントラストを自動的に補正するオートライティングオプティマイザ機能やダイナミックレンジを拡大する「高輝度側・階調優先」機能、顔検知機能が搭載され、画質は、EOS 40D以降の上位機種に近いものになっていると謳っているようです。

主な変更部分では、おおむね順当なスペックアップと言ったところででしょーか(´∀`)・・・階調をよりよく出す機能の搭載や、ライブビューの搭載は、個人的には歓迎できるかな・・・あと液晶が大きくなったのもー。あと、EOS Kiss X2は、現行のキスデジXより軽くなってるんですねー。それから起動時間が2秒から1秒となり、早くなってますネ。

逆に、ISO感度はISO1600が最高のまま、シャッタースピード性能や連続撮影コマ数、AFのスペックなどは、まぁ、ほぼ現状維持と言ったところ。ただし、記録媒体がCFカードからSD/SDHCカードとなり、恐らく書き込み速度が低下した煽りを受けてか、RAWを利用した連続撮影枚数が結構落ち込んでいます。JPGの枚数だけは、EOS Kiss X2のほうが高いのは、カメラ側の内部バッファメモリがEOS Kiss Digital Xより多くなったのかもしれませんネ。

新製品EOS Kiss X2と現行機種EOS Kiss Digital Xの主なスペック比較は以下の通り。

製品 EOS Kiss X2 EOS Kiss Digital X
有効画素数 1220万画素 約1010万画素
映像エンジン DIGIC III(14bit JPEG/RAW) DIGIC II(12bit JPEG/RAW)
シャッター速度 1/4000~30秒、バルブ
連続撮影速度 3.5コマ/秒 3コマ/秒
連続撮影枚数 JPG:約53枚、RAW:6枚、RAW+JPG:4枚 JPG:約27枚、RAW:10枚、RAW+JPG:8枚
記録媒体 SD/SDHCカード CFカード
ISO感度 手動:ISO100~ISO1600、オート:ISO100~ISO800 手動:ISO100~ISO1600、オート:ISO100~ISO400
測光分割数 35
AF測距点 9点
ファインダ視野率 上下左右95%
ファインダ倍率 0.87倍 0.8倍
液晶 3.0型TFT/23万画素 2.5型TFT/23万画素
ライブビュー あり なし
重量 475g 510g

あと、操作系ですが、EOS Kiss X2では、現行のEOS Kiss Digital Xの操作系を踏襲しています。EOS Kiss Digital Xと、それより上位機種のEOS 30D、40D、EOS 5D、EOS 1D系では、ボタン配置などが違うため、操作系がかなり違っていますが、EOS Kiss X2は、現行のEOS Kiss Digital Xとほぼ同じ、パネル、ボタン配置となっています。

ただし、EOS Kiss X2は、液晶が大きくなり、液晶が本体の左側ギリギリまで場所を取った影響で、EOS Kiss Digital Xで液晶の左側にあった4つのボタンが、各所に分散して配置されてるみたいです。

その他、現時点で、スペックのみを見た感じで思ったこと・・・多少いいなーと思ったのは、視野倍率がわずかながら上がったことです。あまり視力のよくない、まいおいさんにとって、EOS Kiss Digital Xのファインダーは、小さく、倍率も低く、ファインダーを通したマニュアルでのピント合わせに苦労しています。まぁ、ほんとにちょっとしか上がってないんですけど。・゚・(ノ∀`)・゚・。

少し残念だったのは、個人的に期待していた、フォーカシングスクリーンが、現行機と変わらず固定で交換不可、もちろんサードパーティや自作や海外などで、改造に近い作業を前提としたフォーカシングスクリーンの交換の実例や、部品販売はあるのですが・・・っちょっとそこまでのガッツが・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あ、あと、どうでもいい話かもしれないけど・・・EOS Kiss Digital Xでは、ブラックとシルバーの2色があったんだけど、EOS Kiss X2では、本体の色が黒1色のみになってるみたい。。。

バッテリーパックの型番が違っていますが、現行のEOS Kiss Digital Xのバッテリーは使えるのかなー?んー、写真を見ると、バッテリーの形、ちょっと変わってるからダメっぽいかな。。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

トータルで見ると、見事にEOS Kiss Digital XとEOS 40Dとの中間の機種になった感じでしょうか。EOS 40Dで取り入れられた新機能や映像エンジンを取り込みつつ、AF測距点や連続撮影コマ数などは、EOS Kiss Digital Xとほぼ同等に・・・と言うか、このへんを大きくスペックアップしてしまうと、EOS 40Dとの差がなくなってしまいそうですもんねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とりあえず、堅実に新しい製品となった分、驚くような新機能や性能アップはないけれど、それ相応のスペックアップをした、、、あと見た目は、EOS Kiss Digital Xよりや、EOS 40Dに近くなったかな?と言うのが個人的な印象です(´∀`)・・・あとは、お値段ですが、現行のEOS Kiss Digital Xとそれほど値段のレンジが変わらないようなら、結構いいかもーと・・・(;´∀`)・・・なお、お値段は、現時点では不明ですが、インプレスのデジカメWatchの記事によれば、ボディのみの価格で9万円前後とのこと。

現在、Canonから発表されている、EOS Kiss X2のキット構成は、以下の通り。てか、現行のEOS Kiss Digital Xのキット構成に似た感じだけど、レンズが、EOS 40Dと同時期に発表されている18-55mmと55-250mmの手ぶれ補正機構のISがついてるものになってますねー(´∀`)

・ボディ(本体のみ)
・レンズキット(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS付き)
・ダブルズームキット(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS、EF-S55-250mm F4-5.6 IS付き)

あと、新しいレンズ、EF200mm F2L IS USM(4月下旬発売予定、予定価格85万円)とEF800mm F5.6 IS USM(4月下旬発売予定、予定価格175万円)も発表されていますが。。。まぁ、値段とか無理w

あとは、Canonじゃないけど、PENTAXのK10D、K100Dの後継機として、それぞれ、K20DそれからK200Dなんかも発表になってマスネ。

■EOS Kiss X2リンクス
<Canonウェブサイト>
●EOS Kiss X2公式
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/kissx2/index.html

<デジカメWatch>
●キヤノン、ライブビューに対応した「EOS Kiss X2」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/01/24/7804.html
●キヤノン、「EOS Kiss X2」など新製品発表会
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2008/01/24/7811.html
●【速報】キヤノン、1,220万画素デジタル一眼レフ「EOS Kiss X2」を発表
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/01/24/7805.html

<Digital Photography Review>
●Canon EOS 450D / Digital Rebel XSi
http://www.dpreview.com/news/0801/08012403canoneos450d.asp
●Canon EOS 450D / Rebel XSi brief hands-on
http://www.dpreview.com/news/0801/08012404canoneos450dhandson.asp

<CAPA・CCN新製品エクスプレス>
●キヤノン EOS Kiss X2発表会場から増田カメラマンの実機レビュー
http://capacamera.net/streaming/product07/index.php?page=&id=3
●キヤノン EOS Kiss X2
http://clubcapa.cocolog-nifty.com/news/2008/01/eos_kiss_x2_9032.html






powerd by Amazon360

2008年1月13日 (日)

EOS Kiss Digital Xの後継機(´∀`)?

今月の1月末に、ラスベガスで行われる、写真に関する製品の展示会、PMA(Photo Marketing Association)が近づくにつれて、各カメラメーカの新製品、アレが出るんじゃないか、コレが出るんじゃないか、なんて噂がネットを騒がせ始めていますが、その中で、CanonのEOS Kiss Digital Xの後継機が出るぞーなんて話しが海外のサイトから日本に流れてきて話題になっています。

内容を見ると「450D in early January」のタイトルで、想定スペックとして以下のようなものになるのではと言った感じです。

* Live View
* Movie Mode
* DIGIC III and 14 bit processing
* ISO 3200
* Larger LCD screen
* Still 10.1 MP

ライブビュー機能の搭載、動画モードの追加、DIGIC IIIの搭載、ISO3200対応、液晶サイズの拡大、画素数は1000万画素のまま・・・これを見ると、40Dより若干スペックは劣るが、おおよそ40Dで行われた変更点が、EOS Digital Kiss Xの後継機に付きそうな感じに聞こえます。


で、上記の記事の噂通りのスペックならば・・・の仮定の話ですが・・・

現行のEOS Digital Kiss Xには、ライブビュー機能はありませんので、新規の機能追加になります。これは、比較的嬉しい話かもしれません。測光が難しい遠景撮影など、AFの性能が入門機なりの性能で、かつ、ファインダーの小さいEOS Digital Kiss Xでは、マニュアルによるピント合わせが辛い場合があります。そこでライブビューが利用できた場合、液晶を見ながらさらに、任意のポイントをズームで見て、より正確にピント合わせが可能になるハズです。

動画モードは、個人的には微妙なところです。最近のコンパクトデジカメや携帯のカメラにも、ほとんど動画を撮ることの出来るモードが搭載されていますが、私個人では使ったことがありません・・・ので、どうにもコメントが出来ません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

DIGIC IIIが搭載されるならば、EOS Kiss Digital Xが搭載しているDIGIC IIからのアップグレードとなります。また、映像の処理信号が12bit(4096階調)から14bit(16384階調)となることで、表現できる階調が従来のより格段に向上するハズです。DIGIC IIIとなることで、恐らくですが、カメラ内部での画像処理がDIGIC IIよりは、良くなると思われます。

現在のEOS Kiss Digital XではISO1600が限界でしたが、ISO3200の対応となる。これは、単純にイイ(´∀`)!とは言えない部分もあります。ノイズ低減がうまく出来ないのであれば、あまり意味のない機能拡張になりますが、これにISO3200に対応を謳ってくるのであれば、当然、高感度でのノイズ低減性能は、格段に良くなってるハズ・・・と祈っておきましょう・・・「ISO800が常用」を合い言葉に。・゚・(ノ∀`)・゚・。

液晶サイズの拡大とあり、現在、EOS Kiss Digital Xは、23万画素の2.5インチ液晶ですが、少なくともこれよりは大きくなるのでしょう。大きくなることにこしたことはありません。絵の確認もそうですし、ライブビューの際にも見やすいですしね(´∀`)

Kissdxただし、全般的に言えることですが、液晶サイズの拡大を含めこれら機能の追加などでボディが巨大化していくのはちょっとアレだなーって気もします。EOS Kiss Digital Xは、デジタル一眼レフカメラとして、Canonにおけるエントリー機種、入門機種であり、また、その分機能を抑えて軽量510g、コンパクトであることも"ウリ"の一つです。

比較的気軽に持ち出せ、軽くて取り回しがイイと言うのも魅力・・・・機能の追加は、現在のEOS Kiss Digital Xユーザにとっては、夢のある話ですが、あまりゴツくもなってほしくないなーと結構ワガママな希望を述べてみます。・゚・(ノ∀`)・゚・。

また、機能的なスペックアップががつんとしてしまうと、Canonのデジタル一眼レフカメラの中級機として、昨年に発売された、EOS 40Dとの差がなくなってしまうので、恐らく連写性能やAFの性能なんかで差別をつけるのかなーなんて勝手に邪推してしまいますがネ・・・(;´∀`)

ちなみに、外国サイトの記事のタイトルである「450D in early January」ですが、これは誤記ではありません。私も最初、ヘ?と思ったんですが、外国では、EOSシリーズの名称が違うんですネ。どうやら、EOSの後に続く文字は、入門機は数字が3桁、中級機が2桁、上級機が1桁と名前を振っているみたいです。

ex.
入門機:EOS 350D(EOS Kiss Digital N)
中級機:EOS 40D
上級機:EOS 1Ds Mark III

初代の"EOS Kiss Digital"は"EOS 300D"、二代目の"EOS Kiss Digital N"は"EOS 350D"、んで現行の"EOS Kiss Digital X"は、"EOS 400D"となっています。つまり、古い機種から新しい機種になるにつれて、50番刻みで型番が上がっているので、日本での製品名"EOS Kiss Digital X"である"EOS 400D"の後継は、50番、型番が上がって"EOS 450D"なのだと予想して書いているよーです。

ついでに、なんで後継機種のネタがこの時期出てきたの?って話でいくと、CanonのEOSシリーズ新製品の発表には、一定のサイクルがあり、EOS 400DことEOS Kiss Digital Xの発売日から考えると、恐らく丁度、後継機の発表は、これくらいの時期になるハズってのがあって、それが、PMA2008の開催もあり、発表するならココでしょーって推測から来てるみたいです。


さて・・・推測は推測、発表されてもされなくてもあまりガッカリしないように。・゚・(ノ∀`)・゚・。






powerd by Amazon360

2008年1月 9日 (水)

札幌散策の日

Sappro08s帰省中に、札幌市内少し歩いて見ました・・・この時期は恒例、大通り公園がイルミネーションで色とりどりライトアップされています(´∀`)・・・それにしても、札幌駅付近は、帰省するたびに色々変わっている気がします。そういえば、市内もうそうですが、豊平川沿いにも随分とマンションが建ち始めましたねー。

小さい頃に住んでいた、真駒内のほうもちょっと用事で通りがかりましたが、随分変わったと言うか、警察の官舎や自衛隊さんの官舎が、若干減ってたり、見慣れないマンションが建っていたり・・・でも、通っていた小学校とは残っていて、めっちゃ懐かしいなーと、ちょっとしんみり。

Sappro01sSappro02sSappro03sそんなことを考えながら、わざわざ地下鉄南北線のさっぽろ駅まで乗って下車・・・旧エスタ、札幌そごうと言われて頃が懐かしい建物の前で少しまわりを見渡す・・・見慣れない、ビルができとる・・・(;゚д゚)・・・そーいあ、このへんで、よくローカル局(STVだったかHTB?)の夕方のニュースだったか、そのへんの番組でお天気のネタやらインタビューみたいなのやってたっけか・・・

Sappro05sSappro06sてゆーか、ここしばらく、1年のうちの数日しか札幌にいないんで、昔は見慣れていた時計台すら、物珍しく見えます。札幌ドームが出来てから初めて帰省したときも、結構、あの建物にはインパクトがありました。・゚・(ノ∀`)・゚・。その影響か、どうか、福住付近も、地下鉄の福住駅が出来てから随分変わった気がします。昔は普通の住宅街で、他にあまり何もない印象だったんですけどネ。

Sappro04s市民に非常に不評の市営交通、おかしな額の赤字を毎年計上し続けていましたが、最近はどうなんでしょうね・・・バス事業は民間へ譲渡したところまでは覚えているけど、地下鉄ってどーなんだろ。

追記:
国と市から年間80億円の補助を受けつつも、累積欠損金は、およそ4000億円近くに達するそうで・・・大丈夫か札幌市(TдT)

Sappro11sそいあ、今年は雪少ない印象・・・と言うか少ないみたい・・・藻岩山市民スキー場もまだ滑れないコースがあるみたいで・・・今年の雪祭りは、雪集め大変そうだなー・・・(;´∀`)


Sappro07sなーんて、思いながら、歩いていくと、すぐに見えてくる札幌のランドマークの1つテレビ塔!東京タワーに比べると、約半分くらいの高さですが、それでも札幌市のシンボルの1つです。と言うか、ライトが落ちてる・・・○| ̄|_・・・おかしいなぁ。。。この時間ならまだライトアップされていると思ったんだけどなぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

追記:
1/2は、さっぽろテレビ塔の全館休業日でした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Sappro12sSappro09s少し遅い時間でしたが、大通り公園には、結構人がいてました。んー、マジで寒いんだけど・・・子供連れも結構いるし、みんな元気だなーっと。しかし、ココ数年、中国、韓国、台湾の観光客がすごい増えてるみたいです。明らかに東洋人なんですが、離してる言葉が違う。・゚・(ノ∀`)・゚・。・・・デパ地下、すすきの、大通り公園、市内のそこらじゅうで見かけました。札幌の観光客層が随分変わってきてるみたい。

Sappro13sSappro14sSappro15sすずらんとライラック、これは札幌市の花、なので、イルミネーションにも使われているんですねー(´∀`)クリスマスはもうとうに過ぎていますが、クリスマスツリーちっくなものが至る所にあります。と言うか、北の国なので、針葉樹が多いのはデフォルトだと思っていればイイでしょー(暴論)。

Sappro16s大抵帰省して市内に出るのは、年末、大晦日の日に、食材やら、年越しに食べるものの買い出しとかで慌ただしいのであまりじっくり市内を見ることがなくて、こうやってじっくり市内を"見る"のは、あまりに久しぶり・・・まるで観光客みたいと、ちょっと複雑な気分。・゚・(ノ∀`)・゚・。




あー、そいあ、みよしのの餃子食べ損ねた・・・今になって思うと、ちょっと悔しい。・゚・(ノ∀`)・゚・。




■撮影メモ
EOS Kiss Digital X + EF24mmF1.4L USM、三脚なし、スピードライトなし
 
Kiss Xも含め、Canonの一眼にはボディに手ぶれ補正機能がない。。。レンズにもISと言う型番がないものには、手ぶれ機能がない・・・ので今回は、絞り値がF1.4からF3.5辺り、ISO感度は、普段より大きく上げて、 ISO800設定を中心に撮ってみた。。。おかげであまり手ぶれってない・・・ハズ。・゚・(ノ∀`)・゚・。でも、三脚もないこーゆー時にEF24mmF1.4L USMみたいな大口径の明るいレンズは助かります・・・まぁ、撮れる絵の具合は結構制限されちゃったりするけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。







powerd by Amazon360

2007年12月10日 (月)

ミルククラウンと失敗と。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Mizutama02s一度は、誰しも撮ってみようと思う(ハズ)のミルククラウンを撮ろうとして失敗しました。・゚・(ノ∀`)・゚・。・・・置きピン、雫を落とすのを片手にストローで、もう片手にシャッターレリーズを持って、被写体にライトを当ててシャッタースピード優先の1/4000でノーファインダーでシャッター切りまくりましたが、雫を落とすタイミングがどうにもうまくいかず、ご覧の通り・・・クラウンが終わったあとの跳ね返りの水玉しか撮れませんでしたw

なんか、紙コップを高いところに置いて、紙コップの端っこにホントに小さな切れ目を入れて、雫を垂らす装置の代替品を作り、少し粘性の高い飲むヨーグルトなんかでやると良いみたいですね・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

今度、最チャレンジしてみます・・・牛乳はこの後、失敗の味を噛みしめながら、ごくごく飲み干しました・・・(;´Д`)

2007年12月 5日 (水)

月と東京タワーと

Moon04s少し前、丁度、月が満月に近い状態でした。綺麗な月が、丁度、東京タワー方面から上ってきたので、ベランダから数枚撮ってみました。

月は、以外に明るいため、かなり短いシャッタースピードで撮らなければ、月の模様が光で白飛びしてしまいます。ちょっと夜なので長めなのかなーなんてシャッターを開けていると、明るすぎて真っ白になってしまいます。

Moon07sもう、夜も結構遅い時間ですが、相当絞った状態でも、1/30秒程度でこれくらいの明るさで撮れます。


Moon08sMoon05s以前にも何度か載せたことのある東京タワーや六本木ヒルズの写真などは、30秒ちかい間シャッターを開けています。逆に言うと、それくらい光をレンズに集めていないと、建物が、あの明るさで撮れないと言うことになります。

Moon01s丁度、東京タワーと並べて撮った写真では、月を綺麗に撮ろうとすると、建物が暗くなり過ぎ、建物を綺麗に写そうと思うと月が白飛びしてしまいます。なので、シャッタースピードを微妙に調整しながら撮ってみました。

EOS Kiss Digital Xを買って間もない頃は、その仕組みというか、カメラに像が写る仕組みを知らなかったため、失敗写真ができあがっていました。本や知人からちょっとずつ知識を仕入れつつ、やっと人並み程度に、仕組みを知ることができたかなーって感じです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

以前にもかなりの道楽、ヲタク道なんて書きましたが、人を惹きつける絵を撮るっては、本当に難しいですねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2007年12月 3日 (月)

渋谷駅ハチ公前広場のクリスマスツリー

Sibuya02s少し前に恵比寿ガーデンプレイスのバカラとイルミネーションのことを書きましたが、この時期、ニュースでも様々な場所や形のクリスマスツリー、イルミネーションの紹介がされています。

Sibuya03sSibuya05s先日、渋谷に行った際に見たJR渋谷駅ハチ公前のクリスマスツリーです。数年前は物珍しかった青色LEDも、今やおなじみの色となり、むしろありふれた色になっています。一時期の六本木などは、青色一辺倒でしたが、この渋谷のツリーは、沢山の色で意外に新鮮です。

Sibuya04sSibuya06s新鮮と言えば、恵比寿ガーデンプレイスの金色のツリーも暖かみを感じる色で、いいなぁと思いました。青色一辺倒から少しずつ特色のある個性豊かな色彩を持ったイルミネーションやツリーが増えるといいですねー(´∀`)

Sibuya01s丁度、ハチ公前広場の喫煙スペースの裏辺りから撮っています。夜のハチ公前は相変わらずの人の量。目星を付けた丁度いいポジションには人待ちぽい人・・・さりげなく近づいて、その人がいなくなったところでポジションをゲット。

自分でもアフォだなーとか、とか思いながら、十数枚ほどをファインダーに納めて早々に退散しました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2007年11月27日 (火)

やっと見つけた秋の色2

前回にひき続き、秋の代々木公園です。

Autumn02sAutumn04s実は結構、遅い時間に家を出てしまったため、日が沈む40分くらい前から撮り始めており、だいぶ光量が足りない状況になっていました。明るく撮るために、少しシャッタースピードが長めの1/50秒~0.5秒程度の絵が多いため、0.5秒近い絵については、よーっく見ると手ぶれしているものが結構ありました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Autumn06sAutumn08sAutumn10sまぁ、今回は、そんなわけで、少し絵は小さめ、800×600サイズに納めてあるわけですが・・・それでもぶれてるものとぶれてないものを続けてみると、明らかに分かりますね・・・ぶれた写真は救えない・・・○| ̄|_

Autumn16sAutumn21sそんなこんなで、シャッターを切りながら歩き回りましたが、そんなにしないうちに、完全に日が沈みタイムオーバーとなりました。

Autumn23sそのまま、渋谷でラーメンでも食べようと思い、代々木公園イベント広場、野外ステージ周辺付近に近づいてみると音楽が・・・近づいてみると、なにかのイベントらしい・・・フリマっぽいお店と、おー、水タバコ吸ってる人たちもおる、あとライブ演奏も行われていました。

Autumn28s結局、なんのイベントかよくわかりませんでしたが、少し生の演奏に耳を傾け、うむうむ、生音はいいのぉとしみじみ(ロックンロールでしたがw)聴きながら会場を後にして、飯にすることにしました。

ひとまず、秋の恒例、季節物を消化してきましたってお話でした(´∀`)

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン